2014年10月04日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム)

つい自慢したくなるベッドルーム

一日の始まりと終わりを迎える場所がベッドルーム。朝起きた時に目に入る景色が自分の好きな景色ならば、気持ちよい一日が待っているような気分になりませんか。お気に入りのベッドルームが待っていると思うと、忙しくても頑張れる気になりませんか。
そこで、独り占めするにはもったいない、つい誰かにお披露目したくなるベッドルームをご紹介致します。


リゾートホテルを思わせるアジアンテイストのベッドルーム。木の天井・壁・家具が、外から差し込む光を柔らかくお部屋に取り込んでくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

カーテンボックスの中に照明が隠されている、くつろぎのベッドルーム。落ち着いた雰囲気作りに重点がおかれています。

> この住宅のすべての情報を見る

風や光が通り抜けるベッドルーム。天井の小窓からは自然の光が差し込み、目覚ましなしでも気持ちよく起きられそうです。晴れた夜は星を眺め、雨の日は跳ね返る雨粒を愛でながら贅沢な時が過ごせます。壁やドアで完全に空間を区切らないことで開放感が増します。

> この住宅のすべての情報を見る

空間を贅沢に使ったベッドルーム。家の中にいながら外にいるような気分になります。休みの日はベッドから見える景色を眺めたまま何時間でも過ごしてしまいまそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

小さい頃から大人になるまで長く使えるベッドルーム。天井が上品なネイビーなので、ベッドシーツのカラーによって部屋全体の雰囲気をガラリと変えることができます。

> この住宅のすべての情報を見る

グレージュの壁やドアが大人っぽく、品のあるベッドルーム。十分な広さがあるのでベッドや家具の配置を変えて気分に合わせた模様替えを楽しむことができます。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • キッチン
  • 白を基調とした洗面エリア
  • リビング・ダイニング
  • リビングダイニング
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。