2014年10月14日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

配分で印象が変わる!センスが光るモノトーンインテリア

世の中にはたくさんの色が溢れていますが、黒と白で構成されるモノトーンは普遍的な魅力があります。
インテリアの世界でも大変人気のある配色で、こだわりを持っている人も少なくありません。色使いがシンプルな分、ファブリックや雑貨の選び方で遊ぶこともでき、一つ差し色を足せばまた違った印象になります。さらに白と黒のどちらの分量を多くするかによって雰囲気も大きく変えられるのが、モノトーンのおもしろさです。モノトーンインテリアの魅了をお伝えします。


白を基調としたモノトーンは明るくさわやかな印象を与えます。クッションはストライプで統一しておきながら、ボーダーの幅や色の濃淡を変えているところに遊び心が見え隠れしています。

getitcut.com

出典:getitcut.com

黒や濃い目のグレーを基調としたインテリアは、クールな印象になります。
冷たい質感を持った銀のスチール家具が効いてますね。

japanesetrash.com

出典:japanesetrash.com

モノクロの写真とフォトフレームを黒縁で統一したことによって、たくさんのフレームが一つの大きな作品のように見えます。色味を抑えることによって見た目もうするさくならず、大人っぽいウォールデコを楽しむことができます。

etsy.com

出典:etsy.com

キッチンカウンターやテーブルにガラスなどの光沢のある素材を使うと、都会的な印象の部屋になります。

No.71 30代/2人暮らし+猫2匹

カラフルなイメージの強い子供部屋ですが、黒と白の星柄の壁紙や黒板塗料を使うことによって、子供らしさも忘れないおしゃれな部屋になりました。

buymodernbaby.com

出典:buymodernbaby.com

モノトーンの中にブラウンを混ぜると色味が柔らかになり、ナチュラルな雰囲気が出ます。
インテリアをまとめようとすると、茶系や黒系などどちらかに偏りがちですが、茶×黒の配色もとてもおしゃれです。

bricksamsterdam.com

出典:bricksamsterdam.com

こちらは綺麗なグリーンを差し色として使っています。
クッションカバーやフレームの中の写真で取り入れるなど、さりげない色使いが際立ちます。

welikedaylight.com

出典:welikedaylight.com

洗練されたモダンなインテリアの中で過ごすことができたら、普段からスマートな暮らしを心がけられそうです。

K's Place


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • Kippis3
  • 借景
  • エントランス
  • 開放的な土間
  • 玄関 土間

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問