2017/10/22更新0like2894viewyuriyuri*

モノトーンインテリア人気が止まらない!

「インダストリアルインテリア」や「男前インテリア」の流行から再注目されたモノトーンインテリア。最近また進化しているのをご存じですか?
今回はモノトーンインテリアのポイントと進化したこだわりをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

天井や梁をブラックにして空間のアクセントに!

天井にブラックを取り入れたインパクトのあるキッチン。通常、ブラックなどの「明度の低い色」は重い印象があり、天井に使うと圧迫感を持ってしまうことがあります。
こちらは床もブラックにすることでバランスをとっています。ブラックを上手く使うと、アクセントのきいたおしゃれな空間に仕上がりますね。
モノトーンインテリアはブラックとホワイトのバランスで印象が大きく変わってきます。家具や建具にブラックの分量が多い場合、梁だけをブラックにすることで圧迫感なく空間に統一感をだすことができます。

ぜひ取り入れたいモノトーンのドア

ガラス窓のある建具はまるで海外の住宅のようでおしゃれ。壁色をアクセントカラーであそびたい時は、建具をモノトーンにすると全体のイメージがまとまります。
白い壁にヴィンテージ風のドアなら、同じ白でもドアの存在感があります。

モノトーンのキッチン家電

ステンレスを多く使用しているキッチンには、モノトーンがよく合います。ブラックの壁にダクトレールで這わせた照明があたり、壁と照明のコントラストがおしゃれな空間を演出しています。

モノトーン +1するなら?

モノトーンは場合によっては寒々しい印象になりがち。スタイリッシュなモノトーンの壁やダイニングテーブルに、あえてナチュラルな木材の椅子を合わせることで温かみが生まれます。
こちらも床材とのコントラストが印象的で、どこか懐かしい温かさのある空間に。

収納グッズもモノトーンで統一!

進化するモノトーンインテリアをご紹介しました。リビングや寝室、キッチンをモノトーンでまとめた方は、収納の中や冷蔵庫の中のモノトーン化に着手し始めています!

こうしてモノトーンでまとめていくと、+1でその時々のカラーを取り入れて簡単に部屋のイメージが変えることができ、結果飽きずに長く楽しめるで、ぜひ参考にしてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る