2018/11/14更新0like666viewさくらゆきの

マンションでもOK!スマート&モダンな「バイオエタノール式暖炉」

住まいで暖をとる方法といえばエアコンやガスストーブ、こたつなどが主流ですが、じわじわと支持を増やしているのが「暖炉」という選択肢。暖炉というと、サンタクロースが降りてくるようなクラシックなものを想像しがちですが、最近ではマンションでも設置OKな、バイオエタノール式暖炉もあります。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

バイオエタノール式暖炉って何?

バイオエタノールとは、トウモロコシやサトウキビなどの植物からできたエタノールのこと。化石燃料のように、一酸化炭素や煙を発生させないクリーンな燃料として注目されています。

バイオエタノールを利用した暖炉は設置場所の自由度が高いため、マンションでも使うことができます。
デザイン性に優れ、サイズバリエーションが豊富なのも特長のひとつ。家族の集まるリビングに素敵な暖炉を設置すれば、ゆらめく炎を眺めながら、語らいの時間を過ごすことができそうです。

壁面に内蔵された暖炉

北欧インテリアのリビングにバイオエタノール式の暖炉を設けました。チャコールグレーのタイル部分がビルトイン式の暖炉です。

北欧インテリアは日本でも人気がありますが、暖炉を設ければ、「寒い国でのあたたかな暮らし」をより身近に感じることができます。暖炉の前に素敵な北欧のソファやクッションを置けば、居心地がよすぎてその場から離れられなくなりそう。
シンプルな構造なので、メンテナンスもラクラク。
灰やススなどに悩まされないのが、バイオエタノール式暖炉のよいことろです。

マントルピースにもこだわれる

こちらもマンションで使われているバイオエタノール式暖炉。

暖炉を使わない季節でもコレクション棚として機能するマントルピースを設置しました。暖をとるだけでなく、住まいの格式をランクアップさせるラグジュアリーなデザインです。
暖炉設置前はこんな状態でした。
煙突や配管などの大掛かりな工事が必要ないのもいいところですね。

ハイセンスな卓上暖炉

テレビ下のガラスプレート。なんと、これがバイオエタノール式暖炉です。

住まいのどこでも移動が可能な卓上式で、点火するとガラスプレートの中央から炎が出るようになっています。ゆらめく炎もインテリアの一部となる、スマート&モダンな暖炉です。

近未来デザインな吊り下げ式暖炉

吊り下げ式のステンレス製暖炉です。

吊り下げられる暖炉があること自体、あまり知られていないのでは。部屋のアクセントに充分なり得る存在感です。
遠くから見ると、リビングの天井から下がっている照明器具のように見える暖炉です。
知らない人が見たらきっと驚くことでしょう。
マンションでも使用できる、スマートでモダンなバイオエタノール式暖炉の数々。本物の炎が楽しめるうえに、意匠性が高いところも魅力の暖炉です。

デメリットとしては、小さいサイズでは暖かさが弱く感じられる傾向があること、燃料代が石油に比べて高めなことが挙げられます。エアコンなど別の暖房器具も併用すると、このような問題点がカバーできるのではないでしょうか。

メリット・デメリットを理解したうえで、ライフスタイルに合う素敵な暖炉を検討してみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る