2017/08/25更新0like12249viewfumio

大きな姿見・スタンドミラーはどこに置く? 場所別事例と鏡の嬉しい効果!

身だしなみのチェックに欠かせない大きな姿見。後からでも気軽に購入できますが、鏡には空間に嬉しい効果があり、最初から備え付けてしまうのもありかも?場所別に事例をご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

基本! ウォークインクローゼットに配置

ワードローブが保管されているクローゼット付近にこそ姿見は欲しいアイテム。次々着替えてもコーディネートチェックが簡単で、じっくり選ぶことができます。
クローゼットの中とはいえ、洋服のチェックをするならある程度の明るさとスペースが欲しいところです。
クローゼットの鏡の裏がトイレになっている事例。空間を無駄せず、驚きもあります。

靴も含めて最終チェック! 玄関に配置

玄関に鏡があると、出かける直前に身だしなみを確認できるので便利です。靴を履いたあとの全身のバランスもチェックできます。何より玄関にあることで、家族が共有しやすいのが利点。

大きくてデザインのある姿見は、玄関をお店のような雰囲気にしてくれます。
モノトーンでシンプルな玄関には、シンプルで機能的な姿見を。

嬉しい効果が! 部屋に大きな鏡を備え付け!

居室の壁に鏡を配置することで、部屋に奥行きが生まれ広く感じさせる効果があります。

こちらの事例も写真正面に鏡が配置されています。床のライトが長く続いてるように見え、まるで夜の滑走路のような雰囲気。
壁面の大きな鏡は、スタジオ的に利用することもできます。お子様や自分の習い事の練習だったり、ヨガのポーズの確認だったり、ライフスタイルによっては使い勝手が良さそうです。

廊下に配置して圧迫感を軽減!

スペースの関係で狭くなりがちな廊下。そこに鏡を配置することで圧迫感が軽減できます。

かなりインパクトのあるこちらの事例。真っ赤な壁に四方囲まれていますが、鏡があることによって広がりを感じさせるのでそこまで圧迫感を感じません。
姿見の置き場所を考えてみました。皆さんの事例を是非参考にしてみて下さいね!
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る