2015年11月24日更新

インテリア(その他)

ミラーマジック!~鏡の使い方とその効果~

全身が映る大きな鏡を部屋に置いておくと、自然に痩せるという話を聞いたことがあります。
常に自分の姿を映す鏡があると、やはりその姿が気になるようで痩せようという意識も高まるそうです。
また鏡は姿を映すだけでなく、部屋に置いておくことで広がりを持たせることもできます。
鏡の効果的な使い方、真似してみたいですよね。それでは、鏡を上手に取り入れた家の事例を拝見してみましょう。


廊下にある洗面台前に

脱衣所・ランドリー部分ではなく、あえて廊下に設置した洗面所。
壁一面をすべて鏡にすることで広々とした空間が演出でき、生活感が出がちな洗面所をスタイリッシュな空間に保つことができます。
明るく開放的な空間なので、爽やかに身支度を整えられそうですよね。

二世帯住宅事例「『牛島の二世帯住宅2 』2階をワンルームとする大胆なプラン」

インテリアとして

鏡はただ姿を映すだけではなく、立派なインテリアの一部でもあります。
シンプルなフレームのない鏡も素敵ですが、このようにデザイン性の高い鏡を設置すると、それだけで部屋がゴージャスな印象になります。気分が高揚する洗面室には、1日に何度も訪れてしまいそうです。

注文住宅事例「奥様の理想のイメージを叶えた“ハンプトンデザイン”の空間」

リビングの壁一面に

こんな風にリビングに大きな鏡を設置すると、もう一つ部屋があるかのような錯覚が生まれます。必要なもの以外置いていない部屋なので、より広く落ち着いた雰囲気になります。窓ごしの自然光が映ることで、明るさも確保できています。

別荘事例「装迎遊居 sougeiyukyo」

家に鏡を散りばめて

採光の弱さを補うためにホワイトを基調とし、インテリア、ミラー、ライティングにこだわった家。キッチンのモザイクガラスと鏡があいまって、上品な空間を演出しています。ライトとミラー効果で明るさも十分です。

マンションリノベーション・リフォーム事例「ベネツィアンモザイクタイルが映えるホワイトを基調とした上品な空間」

さらに、玄関の壁一面も鏡に。
玄関に鏡を置くと、玄関が広く見えるとともに、身だしなみのチェックもしやすいですよね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「ベネツィアンモザイクタイルが映えるホワイトを基調とした上品な空間」

ロフト屋根に

高さ制限のあるロフトに鏡を貼り、圧迫感を軽減。さらに、鏡の反射を利用して、デッキからロフト、主寝室のガラス床を通ってそれぞれの部屋に光を採り込む工夫がされています。
鏡貼りのロフトなんて、子供心をさらに惹きつけそうな空間です。

注文住宅事例「石神井台の家」

グレードの高いエントランスホールの仕上げとして

ヴィンテージマンションとのエントランスホール。このエントランスホールにある大きな鏡にはVカットが施されており、シャンデリアの光を美しく反射させるよう計算されています。鏡の効果で、より格式高いエントランスホールに仕上がっています。

その他事例「趣を残しつつ上質に生まれ変わった松濤のヴィンテージマンション」

姿を隠す

森の中に建てられた家は、壁が鏡になっています。周囲の木々が映り込むので、そこに家が建っていることに近づくまで気がつかない、まさにミラーマジックです。
こんな家はなかなか建てられないですが、鏡の特性を活かした遊び心のある家に、一度は訪れてみたいですよね。

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

最近お気に入りされた写真

  • タイルがアクセントのキッチン
  • 玄関(撮影:淺川敏)
  • LDK-3(撮影:淺川敏)
  • 事務室
  • 玄関

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?