2016年01月23日更新

インテリア(その他)

シンプルイズベスト!毎日が心地良いミニマムな暮らし

着るモノ、食べるモノ、暮らしそのものをシンプルにする考え方は今とても注目されていますよね。住まいも一緒。必要なものだけを周りに置き、広すぎずミニマムにまとめることで気持ちまでスッキリと整っていくようです。そこで今回は、コンパクトな中に好きなもの、必要なものをぎゅっと詰め込んだ、ミニマムで心地良い暮らしを楽しめそうな参考事例を集めました。「シンプルイズベスト」な暮らし、あなたも始めてみませんか?


ミラーで部屋を広く見せるテクニックに注目!

空間があるとつい収納家具や様々なインテリア小物を置きたくなりますが、シンプルなリビングセットと照明のみでスッキリとまとめられています。ミラーで部屋を広く見せているのも技アリポイント。ホワイト系でまとめられた洗練された空間です。

decoist.com

出典:decoist.com

インテリア雑貨にこだわり自分らしい空間に

部屋の充実度は広さではなく、どれだけ好きなものに囲まれているかということではないでしょうか?ひとつひとつの雑貨にこだわることで、自分らしい心地良い空間が生まれます。こちらのお部屋も壁面を上手に使って雑貨をディスプレイするなど、コンパクトさを感じさせない充実感のあるリビングに仕上がっています。

interiordecorating-idea.blogspot.jp

出典:interiordecorating-idea.blogspot.jp

大人ガーリーな開放感溢れる空間

ベッドルームからリビングまでコンパクトにまとめたロマンティックムード溢れる大人ガーリーな空間。あえて仕切りを設けないことで、まとまりのある空間に仕上がっています。

homeklondike.site

出典:homeklondike.site

空間を緩やかに仕切ってプライベート感を演出

リビング、ダイニング、キッチン、そして寝室と別々の部屋を設けるとそれだけ広さも必要になりますが、このようにワンフロアに全ての要素を備えれば、コンパクトな空間でも解放的な印象に仕上がります。格子状の仕切りを設けると空間に馴染みながらも、ベッド周りにプライベート感を出すことができます。

decoist.com

出典:decoist.com

仕事も睡眠も大切にしたミニマムルーム

ベッドルームと書斎を兼ねたプライベートルーム。壁面の設計にこだわりデスクを備え付けているのでコンパクトな空間を有効利用できています。ベッドとデスクが対面しない絶妙な位置関係で、リラックス時も仕事時もどちらも充実した時間が過ごせそうです。

decoist.com

出典:decoist.com

ひとり暮らしにぴったりのオシャレなミニマムルーム

ひとり暮らしの方にぴったりの洗練されたワンルーム。リビングとベッドルームを仕切るオープンラックは収納力をアップさせてくれるだけでなく、ベッド周りにプライベート感を演出してくれます。

reshome.com

出典:reshome.com

大人の隠れ家のようなコンパクトスペースがたまらない!

秘密の隠れ家のように、コンパクトながらワクワクしてしまうような工夫に満ちた空間。床に家具を置かず備え付け家具を設置しているので、場所をとらずにミニマムな空間を充実したスペースに変化させてくれています。

cawas.xyz

出典:cawas.xyz


この記事を書いた人

naomiさん

フリーランスのライターとして活動している1児の母naomi(naomi.spring)です。
インテリア記事の他、ファッション・ライフスタイル記事を書いています。
我が家をリフォームしたことで、リフォームの可能性を知りました。
モノに埋もれるのではなく、モノを生かしたシンプルな住まい。そして、居心地の良い住まいづくりを目指しています。

naomi(naomi.spring)ホームページ:http://naomi-spring.com/



最近お気に入りされた事例写真

  • 赤坂の家 バルコニー
  • 寝室
  • 子供部屋2
  • ダイニング1
  • 洗面

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問