2018/02/08更新2like4416viewAyana_A

『洋服収納術』 物を減らすだけじゃない!スッキリした見せ方、しまい方を徹底解明!

片付いた部屋や余計な物がない生活に憧れはしても、なかなか踏み切りにくい「断捨離」。歳を重ねるほどに、家族が増えるとともに、必要な物が増えるのは当然です。物を減らさずとも、見せ方・しまい方に工夫するだけで部屋がすっきりする!そんな洋服の収納術をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

見せる収納で1週間コーデを分かりやすく

実際に着用する服だけをおしゃれにハンガーパイプにディスプレイ。1週間分のコーディネートをそのまま吊るしておけば、朝の忙しいときにも洋服選びに時間がかかるということはありません。

1日分のコーデをおしゃれにディスプレイ

こちらは1日分のコーディネートをお店のディスプレイのようにおしゃれにハンガーラックに吊るしています。ジーンズやベルトはハンガーを使わず、直接ラックに掛ければ手間になりませんね。

壁面ラックで見せる収納

人によって洋服の必要量は違うもの。厳選してもある程度の量は必要という人もいます。そんな場合でも見せる収納で自分の持っている洋服を把握することで、不必要に増やしてしまうこともなくなるはず。シーズンオフのものはボックスに収納しておけば、オープンラックでもきれいに収納するこができます。

オープンクローゼットを取り入れる

クローゼットもオープンにすると収納している洋服が一目瞭然。隠せる扉付きだと最初がきれいでも、だんだんと乱雑になり詰め込み過ぎてしまうことも。洋服は通気性の面からも間隔を開けて吊るすとよりいいでしょう。
てまひま不動産「風や光の通り道を創り、心地良い時間を楽しむ暮らし」
リビングに配置されたオープンクローゼット。洋服が正面を向くように取り付けられたハンガーパイプは、まるでショップのディスプレイのよう。

見せるウォークインクローゼット

扉の付いたウォークインクローゼットでも、ガラス越しに見えるようにすると、整理する努力を怠らなくなりそうです。きれいに収納されていても、物が多いとせっかくの見せるウォークインクローゼットも台無しです。収納する際には、ぎっしり詰め込むのではなく、余裕をもった収納を心がけましょう。

ファミリークローゼットで集約する

家族が多い場合は、クローゼットを集約するのも一つの方法です。家族の持っている洋服を一括管理できれば、不要な物を増やさずにすみそう。また収納場所が一カ所になるので、最初から収まる分しか洋服を持たないように心掛けができます。
洋服を極力整理した後におすすめの収納法をご紹介しました。せっかく洋服を減らしても、また増えてしまうということがよくあります。

収納スペースをオープンにすることで、自分の持っている洋服を管理するのがポイント。また、おしゃれにディスプレイすることで、詰め込み過ぎるクセを改善できることも。収納方法を見直してみてくださいね!
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る