2014年12月17日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

夫婦円満の秘訣は畳。和室の癒し効果

畳のある家庭は離婚率が低く、夫婦円満である率が高いというデータがあります。これは日本だけではなく海外でも同じようなデータ結果が報告されています。畳の癒し効果は世界で認識されているということです。“和室”といっても畳の大きさや色によって静寂の空間、華やかな空間と印象は様々。和室の癒しを再確認してみませんか?


建具と照明が洋風な雰囲気を醸し出している形状ですが、質感が和風であり、その調和を畳がしている印象。和室としてのゆったりとした印象は残しつつ、スッキリとした空間になっています。

注文住宅事例「016小諸 I さんの家」

畳を足で踏んだ時の足からの柔らかい印象と、壁の飾り棚・収納への仕切りが緩やかなカーブを描いている雰囲気の柔らかい印象が見事に合っています。

マンションリノベーション・リフォーム事例「No.46 3人暮らし」

古典的な畳は光を和らげてくれる障子の存在によって、和室本来の落ち着きと共に静寂な空間を作りあげています。時間の流れさえもゆっくりと刻まれている雰囲気を持った和室です。

注文住宅事例「地の家」

畳の落ち着いた雰囲気に対し、光の差込みと壁のツートンカラーがどこかモダンな印象を残します。モダンである印象も畳の落ち着いた雰囲気があるからこそ調和されている空間となります。

注文住宅事例「002八潮Fさんの家」

リビングダイニングに設けられた段上がりの和室は、広々としたリビングダイニングのアクセントとして、更に建具を閉めれば独立した一室としての活用が可能です。

マンションリノベーション・リフォーム事例「VIOLA~広々LDK±畳空間~」

開放感をそのままに活かすための琉球畳と天井の色のバランスが絶妙です。開放感はありつつも和室の落ち着いた雰囲気は畳だからこその効果です。

注文住宅事例「緑山の家」

紫という印象の強い壁の色が目に飛び込んでくる和室。しかし琉球畳の淡い緑がその紫を和らげ調和をもたらしています。色彩のバランスが、特別な一室として和室を演出しています。

注文住宅事例「今治の家 色と素材が結びつくパッチワークみたいな家」


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 洗面
  • リビング
  • ダイニング
  • 外観
  • リビングダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?