2015年03月26日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

目からうろこ!デッドスペース活用術

長く住んでいると物が増えてきて置き場所に困ってしまう・・・よくあることですよね。気分転換にかわいいインテリアを置きたくても、飾る場所が無い・・・なんてこともあるあるです。でも、置き場所・飾り場所は作ることができます。他にも持て余してしまっているスペースはありませんか。お家には意外と使えるデッドスペースが多くあるのです。そんなデッドスペースを活用してお家を広く使いましょう。


階段脇は大抵が壁になっていて、地味になってしまいがちです。その壁を正方形や長方形にくりぬけば、写真や植物などのちょっとしたインテリアを置くことができます。写真のようにくりぬいた場所をカラフルにペイントすると、地味だった場所が一気にポップな空間に変身しますね。

建築家:佐藤正彦「H-house「走り回る家」」

H-house「走り回る家」

天井はまさにデッドスペース!どう活用できるかなんてあまり考えたことはありません。しかし、写真のように丈夫な床とネットを取り付ければ、大人も子どもも楽しめる遊び場スペースに変身します。

第二深草保育園~みんなの大きなおうち~

人間用の遊び場スペース以外にも、ニャンコ用の遊び場として天井スペースを利用することもできます。壁に足場を作ってあげれば軽々と天井まで上り、そのスペースを最大限に活用してくれます。ニャンコにとっても、楽しく快適なお家の出来上がりですね。

オウチ14・ネコと犬と暮らす家

天井スペースはニャンコに、階段下はわんこに活用してもらいましょう。なるべく目立つところに置きたくないトイレスペースや食事スペースを置くことができますし、ふかふかのクッションを置いてあげてお昼寝場所にすることもできます。

リノベーション会社:株式会社 空間社「アンティーク雑貨が揃うカフェのような美しい住空間 – BASC GRAY -」(リノベりす掲載)

階段下のスペースは人間にとっても使い道が多いところです。棚を作ってワインやシャンパンを保管することだってできます。この事例は、一見階段には見えないですよね。

HouseT

お部屋のところどころにあるくぼんだスペース。本来なら棚を置いたりするのでしょうが、持て余してしまっていることありませんか。そんなときはシンプルなテーブルと椅子を置いて、ちょっとした作業スペースにしてしまいましょう。手紙を書いたり、パソコンをしたり、電話をしたり・・・。使い道は無限です。

Cafeのようなヘアサロン

立派なクローゼットがあるけれど、イマイチ使いこなせていないと思ったら、発想を転換してみましょう。ドアを開放して場所をとるピアノを収納してしまいましょう。目からうろこのアイディアです。ドアを閉めてしまえば、存在感のあるピアノも景観の妨げになりません。

犬と共に暮らす家  室内に光を届けるリノベーション


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングダイニング4
  • リビングダイニング
  • 玄関
  • ガラス張りの外観
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問