2015年04月23日更新

インテリア(ファブリック)

LDKの“メインカーテン”の選び方~色が決め手のリビング&ダイニング~

壁の大きな面積を占めるカーテン。色、柄、遮光などによりお部屋の印象は大きく変わります。
そんなカーテンを使ってお部屋の印象を理想通りにしてみませんか?

今回はリビング&ダイニングを対象に、8色のカーテンのそれぞれを用いたお部屋を個別にご紹介します。
以下を参考に、ご自身が目指すリビング&ダイニングの印象に見合ったカーテンの色について検討してみて下さい!

2 お気に入り追加 39050view

ピンク × リビング&ダイニング

リビング&ダイニングのインテリアがシンプルで色味が少ない場合は、明るい色のカーテンが映えます。
特にピンクのカーテンを用いることで、お部屋に女性らしさや華やかさが加わります。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ベージュ × リビング&ダイニング

茶色やベージュのカーテンは、リビング&ダイニングのインテリアがグリーンやナチュラル系の方にオススメの色です。
カーテンの印象を微妙に調整したい方は、生地の質感などを変えると良いでしょう。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ビタミンカラー × リビング&ダイニング

ビタミンカラーのカーテンはリビング&ダイニングがシンプルな方、シックなアイテムを置いている方にオススメです。また、お部屋全体のカラーコーディネートをすれば、差し色効果も発揮できます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ホワイト × リビング&ダイニング

ホワイト、生成り、オフホワイトのカーテンは、リビング&ダイニングの明るさを損ないたくない、室内にカラフルなアイテムがある、カーテンによる圧迫感を抑えたい方にオススメです。カーテン!という主張が薄くなるので、お部屋の奥行き感を損なうことがありません。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ダークな色 × リビング&ダイニング

黒や紺などのダークな色のカーテンは、リビング&ダイニングにメリハリをつけたい、トーンダウンしたい方にオススメです。全体的に落ち着いた印象になるので、大人コーディネートに適しています。

「秘密基地」のある富ヶ谷の家

パープル × リビング&ダイニング

パープルのカーテンの場合、リビング&ダイニングをより上品にしたい、暗すぎるのは嫌、大人っぽい雰囲気を出したい方にオススメです。明るすぎず暗すぎない、絶妙なバランスを取ってくれます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

グリーン × リビング&ダイニング

グリーンのカーテンはお部屋に草木は置けないけど緑が欲しい方、くすんだ気分を浄化したい方にオススメ。カーテン自体の色味がリビング&ダイニングを爽やかな印象にしてくれます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

柄カーテン × リビング&ダイニング

柄カーテンは単色のカーテンでは物足りない方、複数の色味を楽しみたい方にオススメです。模様・バイカラー・刺繍など、柄カーテンは種類が豊富なので、好みのもの・リビング&ダイニングのコーディネートに合ったものをチョイスできます。

pinterest.com

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング
  • ダイニングからリビングを見る
  • ガラス張り窓より光が降り注ぐLDK
  • 螺旋階段上部-トップライト
  • オリジナルマントルピース

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問