2019/03/25更新1like1286viewrico.y

~愛猫と暮らす~猫も楽しい家づくりのアイデア集

家をつくるのなら、大切な家族であるペットにとっても最高に心地よい環境にしてあげたいと思いませんか?人にとってベストでも、人とは違う生態や習性をもつペットにはストレスが生じてしまうことだってあります。そこで今回は、近年ますますペットとしての人気を高めている、「猫」にとって心地よい家づくりのアイデアにフォーカスしました。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

猫の生態に配慮した建材選び

猫を飼っている家庭であれば、壁や網戸で爪を研がれて住まいがボロボロになってしまった…なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。また、爪が引っかかることで床に傷がたくさんついてしまうという悩みもあるかもしれません。

猫の爪とぎの習性にあらかじめ配慮し、塗り壁を採用。
塗り壁ならば、壁紙よりも爪とぎに対しての耐久性が高いので、愛猫のライフスタイルをよりおおらかに見守ることができそう。

ペットを飼ううえでは、壁材は耐久性と同時に防臭・消臭効果のあるものを選ぶのが◎。漆喰や珪藻土といった自然素材は、人にも優しいのでおすすめです。
愛猫のイタズラで網戸を傷つけられるため、窓が開けられないという悩みを抱えていたお宅。
網戸の素材をステンレスに変えたことで、イタズラ対策と風通しを取り戻しました。

高所に遊び場をつくる

猫に限らず、動物の多くは運動不足がストレスとなります。
室内飼いの場合は、それぞれの動物に適した運動環境・遊び場をつくってあげる必要があります。特に、庭のないマンション住まいの場合は、家具や収納をうまくつかって猫が楽しめる空間づくりが重要となります。

木登りや高所から下を見下ろすことを好む猫の場合は、縦のスペースを使った遊びの環境づくりが最適。

キャットタワーを設置するのもよいですが、壁に飾り棚をリズミカルに並べてキャットステップを兼ねれば、余計なスペースも取らず、収納の拡張も同時にかなえられます。
飛び移って移動する猫の習性に配慮して、キャットウォークやキャットステップは、大きめの家具の側に設置するのもおすすめ。
猫が上部を移動しやすいよう、収納家具と天井の間に余白を残しておくのもよいでしょう。

専用の通り道を確保する

猫は他の動物に比べ神経質な生き物。人目を避けるように隠れ家にこもったり、気まぐれに移動を繰り返したりします。

そうした時、ドアが閉まっていたり、壁に阻まれたりすることでストレスを感じてしまうこともあるよう。猫専用の出入り口や通路を確保してあげると、猫もより快適な日常を送ることができます。
ドアの一部を開口しておけば、ドアが閉まっていてもスムーズに移動ができます。
穴が開いている状態が気になる場合は、猫の力でも押し開けられるパタパタ扉を設置することで解決。
猫専用の階段を高い位置につくれば、遊び場兼、専用通路になりますね。インテリアとしても個性的でおしゃれです。

おこもりできる「あなぐら」を用意する

野生の猫はあなぐらで生活していたため、飼い猫でもおこもりできるスポットがあると安心するようです。
キャットウォークの一部に取り入れたり、収納棚の一部やニッチを使って専用の隠れ家をつくるのもアイデア。
同じ理由で、トンネル状の遊具も好まれます。猫にも個性がありますので、愛猫に合ったとっておきの場所をつくってあげましょう。

また、猫は野生時代は木の上に隠れ家をつくっていたそうです。その生態にならい、高所にトンネルやあなぐらを用意してあげると、より落ち着ける環境となるかもしれません。
いかがでしたか?猫にとってのベストな環境は、必ずしも猫専用のアイテムを使わなくてもつくり出すことができます。人も猫も楽しく、心地よく共存できる住まいづくりの参考にしてみてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る