2016年07月18日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

空間有効利用術~子供部屋にロフトベッドを取り入れてみる

子供部屋を作るとしたらクローゼットは作り付けにするとして、ベッド、机、本棚くらいは用意してあげたいですよね。平均的な住宅では、子ども部屋として利用できる部屋は5畳+αくらいの広さが多いようです。その空間を有効的に利用して、過ごしやすいスペースを確保するためにロフトベッドを導入してみませんか?今回は真似したくなるような海外の事例を紹介します。


ベッド + ソファー + タンス - 女の子部屋 -

ベッドの下はソファと箪笥。ぬいぐるみ達が心地よさそうに並んでいます。このようにベッドを高くすることで下のスペースがより広がるわけですが、シーツを交換するときにちょっと大変になるのと、熱が上にこもりやすいのでその点には注意が必要です。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ベッド + おもちゃ箱 - 男の子部屋 -

ロフトベッドで心配なのが、子供が寝ぼけて下に落ちてしまわないかです。ツリーハウスのような小屋になっていると壁があるので安心ですね。窓付きなので通気性も問題なさそうです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ベッド + クローゼット- 女の子部屋 -

ドアを開けたすぐ上をロフトベッド、下はクローゼットを設置しています。ピンクなどカラフルな雑貨でデコレーションしていて女の子らしくキュートです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ベッド + 机 + 一人がけチェア- 女の子部屋 -

やや高目に位置したロフトベッドですが、元々の部屋の天井が高いので圧迫感はなく、問題はなさそうです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ベッド + タンス + 引き出し式テーブル+ソファの事例

黄色の壁に扉がオレンジの棚、階段は赤で引き出しは緑と、レゴのような元気いっぱいの色使いです。ベッドの下にはソファや引き出し収納、そして可動式のテーブルも組み込まれています。このようにテーブルを収納可能なものにすると、よりスペースを有効的に使えますね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ベッドが下にある珍しい事例

ロフトの使い方として、上段がベッドで下に机や収納を置くのが一般的な配置と思いがちですが、逆転の発想で下にベッド、上にワークスペースやリラックススペースを設けました。斬新ですが、もしかしたら地面に近いもほうがよく眠れるかも!?

pinterest.com

出典:pinterest.com

ベッド + ソファー + 階段下収納- 女の子部屋 -

ロフトベッドの場合、上にあがるのは大体はしごを利用することが多いようです。こちらでは階段を作りつけています。安定感があるので安全ですし、階段下に収納も設けスペースを無駄にしていません。

pinterest.com

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

最近お気に入りされた事例写真

  • MBR
  • 主寝室
  • ダイニングキッチン
  • 寝室
  • 徳丸Y邸09

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問