2016/07/21更新0like6672view莉緒

「ロフトベッド」で狭いお部屋も広々使おう!

フローリングでの生活が当たり前になった昨今、ベッドを利用されているご家庭も多いのではないでしょうか。日本の布団のように畳んで収納することのできないベッドは、狭い部屋ではスペースを占領する厄介者にもなりかねません。

そこでオススメしたいのが「ロフトベッド」
ロフトベッドは限られた空間を有効活用できるので、ワンルームや子ども部屋にもぴったりです。造り付けのもの以外にも、組み立て式で好きな場所に設置できるものもあるので、ご自分の好みや生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

デスクの上がロフトベッドになっています。
高い天井とデスク前、ロフト部分と二ヶ所に窓があることで明るく広々としています。
白で統一された内装と横長の窓で明るい室内は、すっきりとした印象で狭さを感じさせません。
ゆったりとL字ソファが置かれた寛ぎのスペースの上部にはロフトがあり、ベッドスペースになっています。プライバシーに配慮して付けられた目隠しのカーテンが、空間に軽やかさを与えてくれています。

出典:sortra.com

ハシゴが苦手な小さなお子さんでも、階段なら昇り降りも安全にひとりでできますね。

出典:decorpad.com

レースや白いファブリックをふんだんに使用したシャビーシックなロフトベッドのある空間です。
ロフトベッドの下がクローゼットになっているこちらは、組み立て式で好きな場所に設置することができます。

出典:decozilla.com

ロフトベッドの下はワークスペースになっています。半透明のポリカーボネートで周りを囲うことで、独立した小部屋のように使うことができます。これなら仕事に集中できそうです。
ロフトベッドは普通のベッドより高さがあるので転落が心配という方には、こちらはいかがでしょう。天井まで届く柵があるので、小さなお子さんでも安心して寝かせられます。なんだか山小屋のような空間ですし子供も喜びそうですね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る