2015年08月03日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

狭いからこそ居心地がいい!ロフトの魅力再発見

ロフトとは本来、屋根裏部屋のことを指します。
最近では、天井を高くして部屋の一部を2層式にした上部スペースのことも”ロフト”と呼ぶようになりました。
ロフトは建築基準法上の採光・換気の基準を満たしていないので、居室とは認められてはいませんが、さまざまな用途として人気で、物置きはもちろん、書斎やアトリエ、子供部屋などに利用されています。
今回はそんなロフトを上手に活用しているお宅をご紹介します。


こちらのお宅では、ロフトに畳を敷き詰めています。
素足に心地良い感触と、寝ころんだ時に感じる畳の香りが日本人の心を癒してくれます。

> この住宅のすべての情報を見る

大きな窓と淡いピンクの壁紙が明るい印象で、子供部屋として活用されています。

> この住宅のすべての情報を見る

床の一部が透明になっていたり、船舶用の丸窓をつけるなど、遊び心が感じられるロフトです。子供たちの秘密基地になりそうですね。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトを図書室として使っています。
ここなら一人でゆっくりと読書を楽しめそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

京町屋をリフォームしたお宅のロフトには、建築当時の梁がそのまま残されています。
歴史を感じさせる梁と、現代建築の使い勝手の良さがマッチした素敵な空間です。

> この住宅のすべての情報を見る

ロフトを温室として利用しています。
観葉植物の育成にも十分な陽光が天窓から降り注いでいます。

出典:dwell.com

ロフトには開閉式の室内窓が取り付けられていて、必要に応じて個室のようにも使えるようになっています。家族のつながりとプライバシーを程よく使い分けられる良いアイデアですね。

出典:theberry.com

小さなロフトをベッドスペースとして利用しています。
ピンクのドットのカーテンや照明で、女性らしい可愛くアレンジされています。

出典:apartmenttherapy.com

螺旋階段を昇った先にあるロフトは、戦隊ヒーローの基地のようでワクワクします。

出典:maisoncreative.com


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

莉緒さん

海外インテリア・DIYなどに興味があります。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか