2015年09月03日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

室内階段がアクセント!家族が感じられるリビング内階段のある暮らし

昔は玄関を開ければ階段が見え、家の中でも端の方に追いやられていた「階段」。
今は家族みんなが集うリビング内に階段を作る方が増えています。理由は、必ず家に帰ってきたら家族の様子が見えると言う事や、仕切りを付けない事で明るい階段である事などメリットは沢山あります。今回はリビング内に階段のある暮らしをご紹介します。


長い階段を設ける事で遠近感が生まれる

リビング内から二階への階段をなだらかに長く作っています。
年配のご夫婦の為の住宅と言うこともあり、なだらかな階段は遠近法だけでなく、登り下りを楽にしてくれています。大きな窓側に有る事でリビングからの景色も階段が決して邪魔していないのがおしゃれですね。

若林M邸-既存樹木を活かした3つの中庭を配する棲家-

木のぬくもりいっぱいの家

天井と家具に木目を生かした素材を使っています。床は高級感のある石畳。
杜の中にある家は、自然の素材を使っているので違和感なく、むしろ居心地のいい空間に。
リビング内の階段は吹き抜けになっていて開放感もあります。

八郷のいえ

階段自体がインテリア

白を基調としたナチュラルテイストのお家。レザーのソファーがぴったりです。
長い階段は階段自体がインテリアのように美しく存在しています。
リビングにあることで階段もインテリアの一部として演出してくれます。

pinterest.com

出典:pinterest.com

キッチン、リビング、ルーフバルコニーをつなぐもの

キッチン、リビング、ルーフバルコニーをつなぐ階段。
思い思いの場所にいても家族の存在を感じられ、半階づつ上がることでゾーニングがされています。
ルーフバルコニーは囲いがあるので周りから覗かれる心配もありません。
バーベキューや遊び場として大活躍しているそうですね。

奥沢の家~ルーフガーデンの家

階段の踊り場を読書スペースに

リビングからの階段は踊り場を作り、ベンチを設置。読書スペースになりました。
窓からは裏山が見え、日差しもいっぱい入る明るい空間。大人も子供も読書を楽しめる階段アイディアです。

逗子の家―気持ちの良い場所

不思議な空間への入り口

階段の下にはたっぷりの収納。リビングに必要な物やお気に入りアイテムを収納することができます。途中、階段が白くなり、まるで異空間へ続く階段のようです。
収納として、光を取り込む場所として活躍してくれるデザインですね。

O-House <エンガワとドテのイエ>

階段を主役に

家の中心部に階段を設けました。中心に設ける事で、誰がどこでどんな事をしているのかを感じられる作りとなっています。階段を上ると階段室にはアクセントにノスタルジックな壁紙を使用し、シンプルながらも細部にまでこだわったセンスを感じます。

『MORI』木の温もり感じる絵本の中の家

リビングに階段がある暮らしをご覧いただきました。
どんなにケンカしても、必ず通る場所「階段」があることで、仲直りも早くなるかもしれません。家族みんなが何をしているか把握できる安心感は、家族で過ごす時間をかけがえの無いものにしてくれることでしょう。


この記事を書いた人

エビナ ミカコさん

鎌倉にて築50年の古民家を賃貸契約。
DIYがOK物件で、現状回復可能レベルでDIYを楽しんで住んでいます。

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン
  • 玄関
  • ファミリースペース
  • 洗面
  • バスルーム

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問