2014年11月10日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

大好きな愛犬が快適に過ごせる家

犬を家族の一員として、家の中で飼う人は増えています。外で飼うと言うのも、犬が風などの自然を感じる事が出来たり、開放感があるので良いと思いますが、犬は本来群れで行動する生き物なので、家族と一緒の場所で過ごせるのは犬にとっても落ち着くようです。家族の一員と言う事で、食事やベッドを一緒にするのも楽しいですが、犬の指定スペースを設けたり、犬の為の窓や洗い場などを設置する事で、より快適に過ごす事が出来ます。専用の場所があると、来客の時も便利ですね。犬と快適に過ごす工夫のある家を見てみましょう。


愛犬の為の専用窓があるお家。玩具も色々置かれています。
愛犬が快適であるため♡と愛情を感じますね。

SUGOROCK-house

来客時に、ちょっと愛犬に入っていてもらうためのゲージ。家具と一体型で、すっきりと美しく作られています。見た目はゲージと気づきにくく、愛犬が中にいなくても違和感がありません。床材も掃除がしやすそうです。

生活感を見せない、ホテルライクな暮らし

中庭を愛犬の専用スペースとして作られているお家です。隣家から見えないように、愛犬が外を歩く人と目を合わさないで済むように配慮して設計されています。中に居る家族の存在は十分に感じる事が出来て、家族にとっても愛犬にとっても、安心出来ますね。

練馬の家

フォトフレームのような黒い枠の向こうは、愛犬の為のスペース。いつでも家族を感じる事が出来て、プライベート感もあります。ダイニングとリビングに挟まれた、贅沢なスペースです。

リビングのデザイン・いろいろなあり方

こちらの愛犬専用のスペースは、小窓があって中側は網戸になっており通気性抜群。
外の光も十分入って明るいですね。小スペースながらも居心地が良さそうです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

階段の下を愛犬のスペースとして使っています。こちらも窓があって明るいです。
下にはマットが敷いてあり、柔らかく快適そうです。周りに付けられているパネルが「個室感」を出ていて見た目も素敵です。

pinterest.com

出典:pinterest.com

収納スペースの下を愛犬の居場所に。区切られたスペースではありませんが、部屋の中に溶け込んでいて良いアイデアですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

こちらも収納スペースの下を使っています。三兄弟がベッドを並べている、と言った感じで微笑ましいです。上の部分にリード等の犬用アイテムを置くことが出来るので便利です。

bhg.com

出典:bhg.com


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 螺旋階段
  • 外観1
  • 外観3
  • 外観
  • キッチン1

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問