2015年07月15日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , インテリア(家具)

リビングの主役はソファ!~センスの光るソファのインテリアコーディネート集~

リビングに置かれるソファ。
その存在はリビングの中でも大きく、リビングを眺めた時の視界の割合では、かなりのスペースを占めます。
その存在感のあるソファは、やはりリビングの主役。
あなたのセンスを光らせて、素材、カラー、そして座り心地の良い満足のいくものを選びましょう。


他のファブリックとの調和で選ぶ。

薄いピンクのカーテンにピンクの絨毯。
ホワイト基調のソファに置かれたクッションには、カーテンや絨毯の色を取り入れて、部屋に統一感を出しています。

laurelberninteriors.com

出典:laurelberninteriors.com

グリーンが描かれた絵画、ブルーグレーのラグ。
そこに置かれたオットマン付きのソファは、2つの部屋のポイントカラーを調和させた色になっています。
ラグや絵画とソファの生地の模様が見事に調和しています。

howtodecorate.com

出典:howtodecorate.com

革張りのソファでモダンな部屋に。

白の壁・天井に、ダークなフローリング。
輸入車の本革シートを思わせる様なキャメルカラーのソファ。
カラーと素材ならではの上品なツヤが、洗練されたモダンな大人空間になっています。

ガラスとコンクリートの対比

ブラックの革製クラッシックスタイルのソファ。
天井の梁も含め、直線を多く使った部屋は、かっちりとしたシンプルモダンを感じさせるコーディネートになっています。

武豊の家

コーナーに配置されたオットマン付きのソファ。
キャメルブラウンのソファは、革素材の風合いを生かし、シンプルなデザインで、フローリングとも調和して、落ち着きのあるクラシックモダンを演出しています。

OH! house

憧れの白いソファ。

日常使いのソファでは、汚れを恐れてなかなか白を選ぶ事が出来ないのが現実ですが、汚れにくい素材を選べばそこまで気になりませんよ。

大切な人と忘れがたい時間を過ごす宝箱

ふんわりホワイトベージュのソファを使ってみましょう。
部屋全体が優しく穏やかに、ホッとする空間になります。
食べこぼしを心配するなら、食事やお茶は奥のダイニングでいただきましょう。

清洲の家

人と同じにならないカラーを取り入れてみる。

ブルーグリーンのソファです。ブルーグリーンというのは、木目とも相性が良く、フローリングにグリーン系のソファを合わせると、アジアンリゾート風の大人な雰囲気になります。

RE-K

ブルーグレーは、上品且つシンプルです。
他の色の邪魔をしませんし、それでいて、ソファの存在もキチッと主張しています。
アクセントに置かれているパープルの膝掛けや数種類のクッションは、ブルーグレーのソファをより引き立ててくれています。

キッチンを中心に家族がひとつになれるいえ

何を調和させて、何をミスマッチさせるか、それがセンスの見せ所。

部屋全体に色を合わせるのも良いですし、部屋とは対照的なカラーを使用するのも素敵です。
色使いを際出させるのであれば、デザインはシンプルに。
デザインをシンプルにしたら、色で遊びましょう。

ですが、ソファは本来寛ぎの時間に身体を休めるアイテム。
座り心地もしっかりチェックして、あなたに合ったソファ選びをしましょう。


この記事を書いた人

一の瀬かのんさん

趣味の海外旅行では、ホテル滞在を一番の楽しみとして、そこで出会う人々や暮らし、家具や小物を記憶に残して、日々の生活に取り入れています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • 外観
  • 外観1
  • 杉格子の中庭により落ち着いたリビング
  • 玄関

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問