2014年08月27日更新

インテリア(スタイル)

ペットと暮らすリフォーム・リノベーションのススメ

犬や猫も家族同然!! 室内で一緒に暮らす家庭は多いと思います。
そんな愛犬や愛猫が快適に暮らせるような部屋づくりもリフォームをすることで実現します。


【ペットリフォームで注意すべき点は?】

私達人間が快適に過ごせる室内も、ペットの目線になると住みにくい環境であったりします。 たとえば匂い。飼い主が思っているよりもワンコの匂いは気になるものです。 嗅覚が人間の100倍もある犬にとっては、ストレスの原因のひとつになっているかもしれません。また、フローリングも犬にとっては滑りやすく危険です。関節を痛めてしまう恐れも考えられます。

 人間側の悩みとしては壁の傷や汚れ、騒音などが気になりますよね。 匂いや汚れに関しては、消臭効果・防汚効果のある壁紙や建材を使うことで解決できます。
傷に関しても、耐衝撃性に優れたペット用のフローリングや壁紙があるので安心して室内で遊ばせる事が出来ます。 騒音は防音サッシを採用したり、換気口を防音型フード付きのものにすることで軽減出来ます。

このように近年ではペット用の建材が多く出まわっているので、上手に用いて快適なペットライフを実現しましょう。

【遊び心をプラス】

せっかくかわいい愛犬・愛猫が一緒に暮らしているのですから、家全体が遊び場のような楽しい空間をつくって、楽しませてあげましょう。上手につくればステキなインテリアのアクセントにもなります。 ここからはそんな遊び心あふれるペットリフォームの事例をご紹介します。

リビングに設置したワンちゃんのスペース。
リビングのインテリアにみごとに溶け込んだスタイリッシュなデザインになっています。

マンションリノベーション・リフォーム事例「代官山T邸」

キャットウォークがついていたり、自然の木を室内にディスプレイしていたり猫ちゃんのアスレチックのような部屋です。

戸建リノベーション・リフォーム事例「iesaka house」

お散歩から帰ってきて汚れた足を洗うスペースがあると便利ですね。
室内をキレイに保てます。

二世帯住宅事例「オウチ14・ネコと犬と暮らす家」

猫はバランス感覚が優れているのでこんな細い道も通れるようです。
家の中にこんな長いキャットウォークがあると、アスレチックみたいで楽しそうですね。

二世帯住宅事例「オウチ14・ネコと犬と暮らす家」

造作したTVボードとキャットウォークがインテリアを邪魔せず、猫ちゃんの快適な空間を作っています。

戸建リノベーション・リフォーム事例「K邸 / 猫と犬が共存するためのリフォーム」


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • デッキ1
  • 来客用トイレ
  • リビング・ダイニング
  • ダイニング
  • デザイン性高い腰壁

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?