2015年08月29日更新

インテリア(スタイル)

猫のいる暮らしって幸せ~お部屋をねこ様用にリフォームしました~実例集~

犬は横の運動、猫は縦の運動が大事だと言われています。犬は散歩やドッグランで運動ができますが、猫のための縦の運動を家でどうすれば良いのか…でも家のインテリアにもこだわりたいし…なんて悩んでいる方は必見です。猫は家族!そう考えて猫との生活を楽しんでる方は、やはり家への工夫も一味違います。ねこ様のための運動も考えられたお家をご紹介いたします。


風通しの良さも兼ね備えたキャットウォーク

間仕切りのための壁も上部にスペースを空ければ風と光の通りが良いうえ、キャットウォークを兼ねられます。壁の上部を利用する事で、スッキリとした空間そのままにキャットウォークを成立させる事が出来ます。

リノベーション会社:スタイル工房「「光と風の流れが気持ちいい」。夫婦と猫が楽しく暮らす家。」(リノベりす掲載)

壁の一部を掘り込みスペースを確保

生活に欠かせない猫のトイレは壁の一部を掘り込んでトイレスペースを確保。これで足元にある猫トイレを間違って蹴飛ばしてしまう心配はありません。見た目にもスッキリとしています。

マンションリノベーション・リフォーム事例「『埼玉県羽生市K邸』猫のための楽園♪賃貸リノベーション」

リズム感を生み出すキャットウォーク

屋上につながるキャットウォークを内装に合わせて白で統一することでインテリアの邪魔にならず、配置のテンポの良さが空間にリズム感をもたらせてくれます。

戸建リノベーション・リフォーム事例「K邸 / 猫と犬が共存するためのリフォーム」

猫階段はアクセントとして

上階に上がる階段は人と猫は共用で…なんて考えを払拭してしまうほど素敵な猫階段です。キャットウォークのナチュラル感が、殺風景になりがちな階段スペースに程よいアクセントをつけています。

二世帯住宅事例「オウチ14・ネコと犬と暮らす家」

可愛い姿を絵画に

キャットウォークを行き来する可愛い姿が、まるで絵画のように楽しめる工夫がなされているのがフレームといいうアイデアです。その都度違う表情でフレームに収まる姿は、癒しをもたらせてくれます。

戸建リノベーション・リフォーム事例「猫と共存する家」

爪とぎはストレス発散のお手伝い

上部まで登れるほどの爪とぎを施した柱は、バリバリと力強い爪とぎにも耐えられるので猫のストレス発散にはもってこいの優れものです。

注文住宅事例「地平線の見える崖地の家」

室外で遊んでもらうには

この階段、実は中庭で遊ぶために設置された猫専用の階段です。高い塀によって囲まれた中庭ならば、ジャンプ力に長けた猫に室外で遊んでもらう事も可能になります。

注文住宅事例「701-house」


この記事を書いた人

pilo-3567さん

素敵なインテリアに囲まれて過ごす家は、リラックス効果が倍増する気がします。

最近お気に入りされた写真

  • 寝室
  • ダイニング / ダイニングからLDKを見る
  • レベル差のあるリビングとダイニング
  • ダイニングより階段室を見る
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?