2019/01/10更新0like607viewC.O.Barry

親と仲良く暮らせる二世帯住宅

たとえ親子でも、世代が違えば価値観が違うし、感性も違う。毎日が和気あいあいとはいかない。二世帯で暮らしている家族に意見を聞けば、おそらくほとんどの人が溜め息まじりにそう口にするのではないでしょうか。
でも、できれば楽しく笑顔で親と子の暮らしを楽しみたいですよね。成功する二世帯住宅のつくり方について、考えてみませんか?

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

親子間にズレがあるのは当たり前

幼い頃は親に従うのが当たり前だったとしても、社会人として自立した生活を営んでいる現在は「自分のやり方に口出ししてほしくない」「親の考え方は古い」などと感じたりもするでしょう。

実の親でもそうなのですから、もともと別の家で育ったお嫁さんやお婿さんはなおさら。日々の暮らしの中で、小さなすれ違い、ちょっとした不満が積み重なっていくことになります。
同居のための住まいづくりは、親子間のズレが必ず起こるものという前提でプランニングする必要があるのです。

生活時間帯の違いや習慣の差を気にならないようにするには、親世帯と子世帯で完全に居住スペースを分離するのがベターな選択。まるで集合住宅のように、玄関も含めてすべて空間を別々にしてしまう方法です。
ですが、これは敷地に余裕があり、広い床面積が確保できる世帯だから可能になることとも言えます。
多くの場合、限られた床面積をやりくりして二世帯住宅にしているはず。実際、日本の二世帯住宅は個室以外のすべてを共有するスタイルが圧倒的に多いのだそうです。

それならば、いかに空間を分けるかより、共有するうえでの工夫を考えたほうが現実的なような気がしませんか?
親子が顔を合わせるのにも、できるだけ楽しさを感じられるような設計が実現できれば素敵だと思いますよ。

パブリックスペースを大空間にする

間取りを細かく区切るより、リビングはなるべく大きな空間にしたいところ。両方の世帯が集まったときでも、それぞれが思い思いの過ごし方ができるので、くつろぎやすくなります。

キッチンはみんなで作業しやすくする

たとえばバックカウンターを設けたり、アイランドキッチンを採用したりして、調理作業を手伝いやすくするのは有効なアイデアです。
ただ、調理道具のこだわりや、生活時間帯の違いなど個性が強く働く場所でもあるので、どちらかの世帯にミニキッチンを設けると気兼ねがいらなくなります。

ライトコートで上下階をつなぐ

親世帯と子世帯が上下で住み分ける場合、ライトコートなど外部でつながりを持たせるのは有効な方法の一つ。

また、吹き抜けでリビングと2階をつなげるのもいいでしょう。家全体に明るさや開放感を高める意味でもおすすめです。

みんなで使える場所をつくる

たとえば階段室を利用して、書庫を設けたり、ギャラリーをしつらえたり。
二世帯三世代が楽しく利用でき、他人にもちょっと自慢できるような共有の空間をプランニングするのも一案です。

大型収納で家族の思い出を残す

親世帯と子世帯の両方から利用できる大型収納を設けて、誰もが何でもしまえるようにするのはいかがでしょう。家族に伝わる大事な品、思い出深いアイテムなどもずっと保存しておけます。

二世帯住宅を建てる前によく話し合っておく

順番が前後するようですが、二世帯住宅を建てる前に親と子でしっかり協議し、基本的な暮らしのルールを決めておくことが必要不可欠です。

お互いの生活スタイルを理解するという意味でもですが、たとえば光熱費などの経費はどちらの財布から出すのかといった、経済的な要素も明確にしておきましょう。
親との同居を決め、住まいの新築やリノベーションを計画するとき、最初に考えるべきなのは、自分たち家族の「文化」のあり方を自分なりに見直すことではないでしょうか。
そして、その文化に即した暮らし方が実現できるプランニングとはどのようなものかを、よく考えたいところです。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

注文住宅の依頼先を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る