2015年04月07日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

目指すはモデルハウスの様な生活感を感じさせない空間

誰もが憧れるモデルハウスのような生活感を感じさせない空間ですが、でも現実にはなかなか難しいですよね。実際生活をする上で不便を感じては元も子もありません。では、どんな工夫をすることで生活感を感じさせない空間をつくっていけるのかご紹介します。


スタディースペースを設けてみましょう。PCやプリンターなどの機器や家計簿、子供が学校からもらってくるプリント類のストック場所として、そして通勤バッグを一時的に置く場所としても活用できますね。仕切りを閉めてしまえばリビングから見てもスッキリです。

注文住宅事例「貫井の家」

これだけの大容量の収納があれば、食器はもちろん、調味器具から調味料、ストック品まですべて収納できますね。オーブンまでもがスッキリおさまっているところもスッキリのポイントです。

Emblem

Emblem

洗面所で使う必需品が、カゴやトレーを使って上手に収納されている例です。洗面台や窓枠、タイルの雰囲気とカゴがとてもマッチしています。

マンションリノベーション・リフォーム事例「Y邸・自分たちの「好き」をカタチにした住まい」

飾り棚や収納棚にぎゅうぎゅうに物を詰め込まないこともモデルルームに近づくためのポイントです。”収納”だけに固執してしまうと、棚の端から端まで物を詰め込んでしまって逆に生活感が出てしまいます。

マンションリノベーション・リフォーム事例「リノベーション / Buch」

ペットを飼われている場合は、無機質なゲージではなく木製のゲージにすると部屋の他の家具とも調和がとれて、やわらかい雰囲気になります。

マンションリノベーション・リフォーム事例「hosono house」

女の子ならテンションが上がるとっても可愛いお部屋ですが、ここはロフトベッドがポイントです。ロフトベッドにはカーテンが付いているので、見せたくないときはカーテンを閉めておくことが可能です。

マンションリノベーション・リフォーム事例「神戸M邸」

これぞ「見せる収納」ですね。細かなものも大きなものも素材をステンレスで統一し、無機質な空間としてまとめられていますね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「R306@渋谷」

壁一面のこれだけの収納量があれば、靴が出しっぱなしになることを回避できます。この収納の中にコートなどの上着のスペースを設けると、外出の際はここで最後の身支度が整うし、帰宅の際はここで上着を収納できればリビングに脱いだままなんてことにもなりません。

注文住宅事例「趣味を充実させた家」


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • リビング
  • 吹抜
  • ロフト
  • リビング・ダイニング2
  • リビング/寝室

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?