2017/07/21更新0like4654viewfumio

今時のおしゃれ住宅の照明事情 リノベで人気の種類と用途は?

お部屋になくてはならない照明。市場には様々な種類のものがあり、それぞれ特性が違います。照明を用途によって使い分けることで、よりお部屋を効果的に演出することができます!こちらではリノベーションで人気のある照明の種類と、用途をご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ダウンライトですっきりした天井に

ダウンライトとは、天井に埋め込んで取り付ける小型の照明器具のことです。天井がフラットになりすっきりとした見た目になります。配置や数によって部屋全体を照らしたり、補助照明のように使うことも可能。リビングにはもちろん、場所をとらないので廊下のような狭い場所にも使うことができます。その形状から埃がたまりにくくメンテナンスがらくちんなのもメリットです。
フリーダムアーキテクツデザイン「CASE 442 | 海の見える回廊の家」

淡くムードのある光を楽しめる間接照明

間接照明とは照明器具で天井や壁面を照らして、その反射光で室内を照らす照明法のことです。直接光で照らされないので、眩しすぎず大人な空間を作ることができます。

こちらの事例は壁収納の上に間接照明を設置し、光源としています。
光で直接照らすわけではないので照明効率は悪く、細かい作業をするようなワークスペース、キッチンには不向きかもしれません。その場合はあくまでも補助照明として利用するか、他に明るくする手段を考えておく必要があります。
K-ATELIER「瀬石の家~落ち着きのあるLDK~」

スポットライトでスタイリッシュな空間に!

スポットライトは特定の部分を強く照らすための照明方法のこと。絵や置物を照らしたり、空間を強調したりするのに便利な照明です。スポットライトが作る陰影が、お部屋をお店のように演出します。

デザインシャンデリアで個性を追求

シャンデリアは装飾のついた天井から吊るすタイプの照明器具です。昔からあるゴージャスなタイプの他にも、こちらの事例のような現代的なデザインも!リビングや吹き抜け空間、玄関などにおすすめの照明です。
ガラスなど光を反射する装飾のついたシャンデリアは、明かりをつけるとチラチラとした光が部屋に落ち、幻想的な雰囲気に。

お部屋の主役級の存在感 ペンダントライト

お部屋のアクセントに人気なのが、天井から吊り下げるタイプのペンダントライトです。全体を照らすこともできつつ、一部をより効果的に照らすこともでき、家族団らんの場であるダイニングテーブルの上部につけたり、キッチンカウンターの上部につけたりするのが人気です。

複数の照明の組み合わせに便利 ダクトレール

照明によってその効果が違うため、複数の照明を組み合わせるとより面白い空間が出来上がります。複数の照明を組み合わせたい場合に便利なのがダクトレール。ダクトレールは、ペンダントライトやスポットライトなど複数の照明をレール上の好きな場所に取付けできるパーツです。
照明の種類と用途をご紹介しました。お部屋に合わせて色々と組み合わせを考えてみてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る