2016/07/08更新2like8768view20061123snsm

生活感をなくす"7つ"のアイデア

おしゃれな部屋といえば、すっきりと整頓され生活感を感じない部屋を思い浮かべる方は多いと思います。では、モデルルームのようにいつも綺麗に整っている部屋にするにはどうすればいいのでしょうか。今回は、生活感をなくす7つのアイデアをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

お揃いの収納ボックスに入れる

細々したアイテムはお揃いの収納ボックスにイン!ボックスに入れることで統一感が生まれ、すっきりとした印象になります。

家具の中に収納する

洗濯機をまるごと収納しました!家電は専用スペースを設け、扉の中に収納することで生活感がなくなります。スペースに余裕があれば、一緒に洗濯用品を収納する棚を設けることで家事効率もよくなります。

魅せデザインのパッケージに揃える

洗面台に出しておくハンドソープなどは、魅せデザインのパッケージで揃えましょう。生活感がなくなるばかりでなく、おしゃれな空間に仕上げてくれます。

隠すスペースを確保する

こちらはキッチンの作業スペースの手元部分にニッチが設けられています。
キッチンは細々したアイテムが多いので、あらかじめ収納できる場所が設けられていると、自然と片付けもらくになり、いつもすっきりしたキッチン台を保てます。
久保田英之建築研究所「Sakura」

デザインにこだわる

デザインにこだわったランドリーアイテムは、出しっ放しにしておいても視覚的に邪魔になりませんね。少々値が張ってもインテリア性の高いアイテムを選べば、生活感を抑えることもできちゃいます。

配線を隠す

カウンターデスクに配線を通すための穴をあけることで、生活感が出てしまう電気コードをすっきりとカウンター下に納めることができます。
深澤明/高橋麻紀「立川の住宅」

”兼ねる収納”で収納量を増やす

生活感の出にくい部屋をつくるポイントは「収納場所を多くつくること」。
こちらはベンチ下に収納できるようになっています。椅子と収納を兼ねることで、インテリアやスペースの邪魔をせずに収納量を増やすことができます。
生活感のない暮らしを送るための7つのポイントを紹介しました。
すっきりとした快適な空間づくりの参考にしてください。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

収納・クローゼット・ロフトの住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る