2016年07月08日更新

おしゃれな部屋事例(収納)

生活感をなくす"7つ"のアイデア

おしゃれな部屋といえば、すっきりと整頓され生活感を感じない部屋を思い浮かべる方は多いと思います。では、モデルルームのようにいつも綺麗に整っている部屋にするにはどうすればいいのでしょうか。今回は、生活感をなくす7つのアイデアをご紹介します。


お揃いの収納ボックスに入れる

細々したアイテムはお揃いの収納ボックスにイン!ボックスに入れることで統一感が生まれ、すっきりとした印象になります。

注文住宅事例「L-HOUSE」

家具の中に収納する

洗濯機をまるごと収納しました!家電は専用スペースを設け、扉の中に収納することで生活感がなくなります。スペースに余裕があれば、一緒に洗濯用品を収納する棚を設けることで家事効率もよくなります。

マンションリノベーション・リフォーム事例「料理番組のようなキッチンに!-azur mu-」

魅せデザインのパッケージに揃える

洗面台に出しておくハンドソープなどは、魅せデザインのパッケージで揃えましょう。生活感がなくなるばかりでなく、おしゃれな空間に仕上げてくれます。

マンションリノベーション・リフォーム事例「LIGHTリノべ―ション01 ヨーロピアンヴィンテージな空間」

隠すスペースを確保する

こちらはキッチンの作業スペースの手元部分にニッチが設けられています。
キッチンは細々したアイテムが多いので、あらかじめ収納できる場所が設けられていると、自然と片付けもらくになり、いつもすっきりしたキッチン台を保てます。

注文住宅事例「Sakura」

デザインにこだわる

デザインにこだわったランドリーアイテムは、出しっ放しにしておいても視覚的に邪魔になりませんね。少々値が張ってもインテリア性の高いアイテムを選べば、生活感を抑えることもできちゃいます。

戸建リノベーション・リフォーム事例「M邸」

配線を隠す

カウンターデスクに配線を通すための穴をあけることで、生活感が出てしまう電気コードをすっきりとカウンター下に納めることができます。

建築家:深澤明/高橋麻紀「立川の住宅」

注文住宅事例「立川の住宅」

”兼ねる収納”で収納量を増やす

生活感の出にくい部屋をつくるポイントは「収納場所を多くつくること」。
こちらはベンチ下に収納できるようになっています。椅子と収納を兼ねることで、インテリアやスペースの邪魔をせずに収納量を増やすことができます。

マンションリノベーション・リフォーム事例「スープの冷めない距離がいい 子育てしやすい団地リノベーション」

生活感のない暮らしを送るための7つのポイントを紹介しました。
すっきりとした快適な空間づくりの参考にしてください。

この記事を書いた人

20061123snsmさん

すっきりと、丁寧に。そんな暮らしをめざして、おしゃれで居心地のいい空間を探求中です。

最近お気に入りされた写真

  • 玄関
  • リビングドア
  • 寝室
  • 玄関
  • 森

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?