2015年05月01日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

知的好奇心を刺激する【おうち図書室】を作ろう!

海外の住宅やホテルでは、まるで図書館のような「Library(図書室)」を見かけることが多くあります。それは、静かな閉鎖された部屋であったり、リビングの一角にあって気軽に手に取れるものだったり。本が好きな人にとって「本棚」は、住まいを考える際の最も重要な項目の一つではないでしょうか。
大人も子供も知的好奇心を刺激されるような、素敵な【図書室】を作ってみませんか?


いかにも「ライブラリー」という雰囲気の本棚。
モールディング(縁の飾り)が素敵ですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

こちらのお宅は、どの場所からでも本が見えるのでは?というくらいたくさんの本棚があります。リビングで寛ぎながら、音楽を聴きながら、外の景色を眺めながら…様々なシチュエーションで読書をする姿が目に浮かびます。どの部屋を見ても、本当に本が好きなことが伝わってきます。

赤坂の家 (赤坂の家 リビングダイニング)

こちらはワークスペースの背面が本棚になっています。仕事中に資料が必要になった時にすぐに見つけられそうです。お子さんがいるお宅では、お子さんが勉強していそばで読書をしたり、逆に親が仕事をしているそばでお子さんが読書をしたり。お子さんは、勉強がわからないときはすぐに聞くことができますね。

4colors

キッチンのまわりの壁を全て棚にした事例です。よく通る場所に本があることで手に取りやすいだけでなく、隣接したリビングのソファですぐに読書ができます。お料理を作りながら、つい読書に没頭してしまいそう。

T邸・室内も窓からの緑も・・・色彩溢れる毎日を暮らす

こちらは天井までの本棚に加えて、扉までが本棚になっています!扉を閉めれば、そこは本当に自分だけの読書空間。小さな部屋の中、想像力は無限に拡がります。

高級旅館の内風呂のような浴室がある和とレトロな質感に包まれた住まい

こちらも、ドアが本棚になっています。
ドアの前で本を選んでから中へ…隠れ家的で面白いですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

長時間の読書の際は、定期的に目を休めることも忘れずに。

thecaptivereader.com

出典:thecaptivereader.com

本好きな方にとって「自宅内ライブラリー」は、憧れなのではないでしょうか。
お子さんがいる場合は、自分が読んで感銘を受けた本を、子供も読んでくれたら嬉しいですよね。親子や子夫婦で、友人同士で、お互いに好きな本の話をしたり、感想を語り合ったりすることで、家を通してそれぞれの絆が深まりそうです。

最後に、本棚の設置には、壁や床の補強など、専門的な知識が必要になる場合もあります。新築の場合はもちろん、リノベーションの際は、建築家などの専門家に相談して、持っている本の量に対して十分な強度があることを確認するようにしてください。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 浴室2
  • 中庭を囲んで構成した住宅
  • 洗面所
  • 外観
  • 都市型住宅

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問