2016年09月12日更新

インテリア(雑貨)

「アルファベット」をインテリアに取り入れてみませんか?

最近流行の「インダストリアル・インテリア」。インダストリアル・インテリアとは、工場や病院、学校などの公共の場で使われた家具や道具を取り入れたインテリアのこと。アルファベットのオブジェをディスプレイするのはこのインダストリアル・インテリアの特徴でもあります。
しかし、インダストリアル・インテリアに限らず、アルファベットのオブジェの素材や大きさ、どんな活字体を使うかで他のスタイルにも対応できちゃいます。今回は、アルファベットを取り入れたインテリアを見ていきましょう。


同じ字を素材、色違いでディスプレイしてみる

「R」文字を素材、色、大きさ違いで並べてウォールディスプレイしている例です。一番小さい物にインパクトのある赤を使っているのがアクセントになっています。

pinterest.com

出典:pinterest.com

オブジェでもあり、実用的でもある一品。その1

ソファ自体がアルファベットの文字になっているユニークな家具です。「!」マークは照明になっているなんて遊び心満載ですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

楽しくアルファベットを覚えることが出来そうなオブジェです。

子ども部屋のウォールデコレーションです。アルファベットを覚えるのが楽しくなりそうです。

pinterest.com

出典:pinterest.com

オブジェでもあり、実用的でもある一品。その2

収納部分がアルファベットの文字にくり抜いてあるチェストです。正直、収納力があるとは言えませんが…インパクト充分ですね。

pinterest.com

出典:pinterest.com

サイドテーブルに取り入れてもOKです。

「A」の文字は安定感があるので、ディスプレイ文字の中でも人気があります。最近は雑貨屋さんで安く手に入るようになったので、サイドテーブルやディスプレイ棚に気軽に取り入れられますよ。

interiorjunkie.com

出典:interiorjunkie.com

オブジェでもあり、実用的でもある一品。その3

「k」の文字が脚になっているテーブルです。スタイリッシュでしかも実用的です。

revistamuebles.com

出典:revistamuebles.com

インダストリアル・インテリアにアルファベットを本格的に取り入れる

学校で使っていたような椅子やどこか使用感のある無骨な空間。まさにインダストリアル・インテリアですね。こちらでは巨大なアルファベットのオブジェに照明を取り付けています。

pinterest.com

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 本棚の中にワインセラーが組み込まれます
  • リビングキッチン
  • リビングダイニング
  • アクセントクロスを採用したトイレ
  • エントランスホール

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問