2015年07月29日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

トイレは機能派?デザイン派? それぞれのアイデア特集。

家の中でもかなりのミニマムなスペースな場所、それがトイレです。
小スペースでありながら、実用性や機能性、使う人のセンスなど、この場所にはかなりのポイントが凝縮されています。
実用性を優先するか、機能を充実させるか、それともデザインに凝るか、それはその家次第です。
それぞれの実例を元に、貴方のお家のトイレプランを構築しましょう。


センスが光る海外のトイレ実例。

シンプルな便器に対照的なカラーの便座。モノトーンのストライプの壁紙とホワイトの衛生陶器がとてもモダンな感じを演出しています。反面、金物にはゴールドを使用していて、クラシカルな印象も与えます。

betterdecoratingbible.com

出典:betterdecoratingbible.com

シャープな多角形の便器デザインとモノトーン幾何学模様の壁紙。
傾斜も天井の効果も手伝い、かなり個性的な仕上がりです。
ポイントに置かれたピンクのボックスが鮮やかで空間を引き締めています。

decorpad.com

出典:decorpad.com

冒頭の例と同様、シンプルな便器にスタンディングの洗面台。
オレンジと白の模様の壁紙と床の大理石タイルがトイレを清潔で明るく演出しています。
飾られた額の絵もとても個性的。

decorpad.com

出典:decorpad.com

日本の個性派トイレデザイン。

腰高まで床と同材の材料で仕上げ、入り口の正面には個性的なタイル貼り。
タンクレスの便器とコーナーに据えられたコンパクトな手洗いは、壁のデザインを邪魔せず、シンプルなモノを使用しています。

個性的なタイルが魅力 ロッククライミングのできる家

細めの複数カラーのボーダー壁紙はかなりの個性派。
クロス以外の衛生陶器や扉は、シンプルなホワイトで統一され、とてもクールな印象です。

ミントブルーの家

トイレの便座蓋は絵柄入り、曲線を描いた洗面台カウンター、浮かんでいる様な手洗いボウル、扉の模様、鏡の形状、どれをとってもとても個性的で、是非一度入ってみたくなりました。個性をギュッと凝縮させたユニーク空間ですね。

住まう人と共にリズムを刻む家

やはりトイレは機能が大事。機能派のトイレ実例。

最近の日本の便器の流行は、以前流行った様々なカラーを一新してホワイト一色。
そしてタンクレス、抗菌コート、人感センサー付きの便座蓋、もちろん暖房便座とウォシュレット。
メーカーに依っては、節電モードもあり、人を感じた瞬間に便座やウォシュレットの水を温めるという機能もあります。

こちらの事例もタンクレス。
そうそう、もう1つの流行は洗面カウンターの上に乗せてある様な洗面ボウル。
機能を充実させ、シンプルなデザインにまとめられています。

楠葉の家

タンクレスのホワイトの便器、そしてホワイトの手洗いボウル、自動水栓付き。
便器脇の収納に、トイレットペーパーホルダーが内蔵されたシステムトイレです。
機能を充実させたシンプルプラン。

中庭を回遊する家

ポイントは清潔感と居心地の良さ。

デザインに凝った個性派も機能を充実させた機能派も、どちらも清潔感があり、居心地が良いという意味では全く同じです。
見え方が違うだけで、方向性は同じ。
あなたも清潔な居心地の良いトイレを目指して、デザインしてみましょう。


この記事を書いた人

一の瀬かのんさん

趣味の海外旅行では、ホテル滞在を一番の楽しみとして、そこで出会う人々や暮らし、家具や小物を記憶に残して、日々の生活に取り入れています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面
  • 玄関
  • 障子の地窓と玄関収納
  • ツーロックタイプのおしゃれな玄関ドア
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問