2015/12/05更新0like3606viewklug

お部屋を飾る〜冬のインテリア雑貨8選

寒い日本の冬。少しでも快適に過ごすために、お部屋の模様替えをして暖かく過ごす工夫をしてみませんか。ぬくもりのある素材や暖かいカラーリングを取り入れるなど、ちょっとしたアイディアで毎日がぐっと楽しくなります。
おすすめの冬のインテリア5選をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

1. ラグやクッションカバーをあったか素材に

ラグやクッションカバーを変えるだけでも、ぬくもりのある空間を演出できます。ラグは毛足の長いものがおすすめ。汚れが気になる方は、濃いめの色をチョイスすれば気になりません。

クッションカバーは、ウールやフェイクファーなど素材感とカラーリングを揃えて。色は3色程度にまとめて、あまりたくさん使わない方がシンプルでセンスよくまとまります。
丸いタイプのラグもおすすめです。

クッションカバーは、インテリアショップのものがセンスもよくおすすめですが、IKEAなど、リーズナブルな価格で購入できるショップにも掘り出しものがたくさんありますよ。
空間社「世田谷区E・S邸~ARUCO~」

2. マントルピースを冬仕様に変えて

女性の憧れマントルピース。造り付けが難しくても諦めないで。今は、置き型のマントルピースもあるんです。窓際やお部屋の一角に設置して、お気に入りのキャンドルを飾るだけでも冬らしく素敵な空間が演出できます。
リホープスタイル「French shabby」
また、マントルピースの中に暖炉風のヒーターを設置するのもおすすめです。ヒーター機能がついていないインテリア暖炉もあるので、インテリアショップなどで探してみてくださいね。

出典:pinterest.com

3. お気に入りの椅子にファーをかけてみる

毎日使っている椅子にファーのラグをかけるだけでも温かみが加わって冬らしくなります。このくらいの大きさなら、リアルファーも手が出そうですね。IKEAなどでも毎年取り扱いのある人気商品!一枚ずつ買い足して、家族分を揃えるのも楽しいですね。

出典:pinterest.com

ただ椅子にかけるだけなのでテクニックなしで冬仕様にコーディネートチェンジできちゃいますね。見た目にも暖かく、座り心地もあったかです。

出典:pinterest.com

4. 雪の結晶モチーフを飾る

窓際に雪のモチーフを飾るだけでも冬らしいインテリアに。100円均一で売っているレースをつなげてハンドメイドするのもオリジナリティがあっていいですね。

出典:pinterest.com

冬の必需品ニット素材のマフラーや帽子をインテリアに活用するのも一つの手です。お気に入りのカゴにポンと投げ入れておくだけでも、暖かみのあるインテリアになりますね。

出典:pinterest.com

5. ドアにリースを飾る

今の時期、クリスマスリースを飾る方も多いのではないでしょうか。ナチュラル素材を選べば、クリスマスが終わった後も大活躍。アレンジして冬の間はずっとドアに飾っておけます。グリーンの色がだんだんと褪せていく味わいもまたいいものです。

出典:pinterest.com

お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る