2016年06月30日更新

インテリア(壁/床)

パーテーションでお部屋のレイアウトを多彩にチェンジ!

広いリビングや子供部屋は憧れですが、時には空間を仕切りたい、仕事に集中したい、来客時などプライベートな空間が欲しい…そう思ったことはありませんか。そんな時、自由に部屋のレイアウトが変えられるのがパーテーション。多彩なレイアウトを叶え、心地よい空間が手に入る、その魅力をご紹介します。


パーテーションの魅力とは

パーテーションといっても種類や用途は様々で、最近ではただ仕切るという目的だけではなく、おしゃれで機能的なものもたくさんあります。固定式、可動式、吊り下げタイプや家具など、パーテーションをうまく取り入れた事例を見てみましょう。

こちらの事例は、仕切りとしての役目を果たしながら、半透明なガラス戸で奥行きを出し、リビングと寝室を仕切っています。圧迫感がなく広々とした印象ですね。

なじみの街で見つけたヴィンテージなメゾネットに住む

リビングと寝室を本棚で仕切った事例です。
いつの間にか増えてしまう本の収納を解決しながら、緩やかに共有スペースとプライベートスペースを区切っています。

私たちの家

インテリアとしての用途も兼ね備えた、ブロックタイルの壁と引き戸によるパーテーション。

武蔵野市M邸~Civil~ (リビング・寝室1)

ブロックタイルの壁の裏に引き戸がぴったりと収まるようになっているため、ゆっくりと休みたい時は引き戸を閉めて、完全に独立した寝室として利用できます。

武蔵野市M邸~Civil~

ガラスブロックとブロックのパーテーションで広いリビングを仕切っています。テレビやデスク、壁掛けのアートなど、仕切りがあるとモノを置くスペースが増えるので用途がぐんと広がります。

こだわりの雑貨たちが映えるナチュラルモダンな家(リノベーション)

多彩なパーテーションの魅力

キッチン横のガラスパーテーション。ゴチャゴチャしがちなキッチンの目隠しになると同時に、空間に清涼感を与えてくれます。

海と山の見える家

インテリアショップのようにアイアンバーを天井に張り巡らせ、カーテンでスペースを仕切っています。緩やかな空間の仕切り方でもしっかりとプライベートを確保できていますね。カーテンを変えるだけでお部屋の印象を変えられるので、手軽に模様替えもできます。

Y邸・漆喰の壁に囲まれて暮らす、光と風あふれる家

パーテーションを取り入れることで家でもメリハリのある時間を過ごせそうです。
それぞれのライフスタイルに合わせて、心地いい暮らしを手に入れてくださいね。

この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム+バス2
  • キッチン4
  • 赤坂の家Ⅱ 寝室
  • OGI 009
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問