2016年04月06日更新

リノベーションHOW TO(リノベーション その他)

晩年に住むなら『戸建』と『マンション』どちらを選びますか?

子育ても一段落し、そろそろ定年を迎える頃。
このまま子供と一緒に過ごした郊外の家に住むか、都心部で快適なマンション住まいを選ぶのか。
高齢者が抱える住まいの問題を「戸建」と「マンション」に分けて考えてみましょう。
「戸建に住む」メリット・デメリット、「マンションに住む」メリット・デメリットをまとめてみました。


「戸建に住む」メリット・デメリット

定年後の生活を考えた時に「戸建」の場合は土地があるので、

・リフォームや立て直しで階段のない平屋にする
・お子さんとの同居を考えて二世帯住宅にする など

土地があるということは大きなメリットに繫がります。
孫の顔をみながら、毎日を暮らせる楽しみもあり、同居を希望する世帯にはおすすめです。

> この住宅のすべての情報を見る

二世帯住宅にする場合は、デメリットがあるのも事実です。
建築する時は費用が少なくて済む、孫の世話を助け合えるというメリットがありますが、親御さんが亡くなった時の固定資産税が倍になることもあります。
また、分離型、同居型によっても異なるので、それぞれの世帯の状況によって、将来的な税金がどうなるかを事前に比較しておくことをおすすめします。

> この住宅のすべての情報を見る

また、ご夫婦でどちらかお独りで住む場合は、「平屋」にするという選択肢もあるでしょう。
高齢者にとって階段の上り下りは足腰に負担をかける上、万が一介護が必要になった場合も負担が少なくて済みます。
階段がなくバリアフリーであることは、介護する側にとっても大きなメリットに繫がります。

> この住宅のすべての情報を見る

「マンションに住む」メリット・デメリット

高齢者にとってマンションなどの集合住宅に住むということは、管理面、税金面において意外にもメリットが多いものです。比較的郊外が多い戸建に住むより、都心のマンションに住む方が外出もしやすく、アクティブに生活できて楽しみも増します。
また、独り暮らしの場合は、集合住宅にいると近隣へ助けを求めることもできるので、いざという時に心強いものです。

> この住宅のすべての情報を見る

一方でデメリットもあります。上階に住む場合、エレベーターの使用が不可欠なので、地震などで電気が止まってしまった場合は部屋に戻ることが困難に状況にもなりかねません。

> この住宅のすべての情報を見る

また、トイレやバスルームも事例画像のような戸建の広さや利便性は望めない場合もあります。

> この住宅のすべての情報を見る

車椅子の生活を余儀なくされた場合、エントランスが引き戸か開き戸かも大きな問題です。マンションの場合は開き戸がほとんどなので、介助または介護をしてくれる人が必要になるでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

どちらの場合もメリットとデメリットがあり、健康でない限り、高齢者が今までと同じような生活を送ることが困難になっていきます。
いざという時に困らないよう、家族でよく話し合い、互いが気持ちよく暮らせる住空間を目指したいですね。


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか