2016/07/09更新1like8288viewklug

キッチンの収納どうしていますか?

食器やキッチン用品、ストック食材など、どんどんとモノが増えていって収納がいくらあっても足りないキッチン。
「もう、仕舞うところがない!」とお困りの方も多いのではないでしょうか。料理上手な人ほど、整理整頓された使い勝手のよいキッチンを手に入れています。そんな気になるキッチンの収納術や目からウロコの片付けのアイデアをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

見せる収納で使い勝手抜群!

壁面に収納棚を取りつけたキッチン。たっぷりと収納できるだけでなく、バランスよく洋酒や食器を並べ、カフェのような印象に。見せる収納がインテリアの一部になっています。扉の開閉がない分、ストレスもありません。
こちらの事例はオールスケルトン状態。どこに何があるか一目でわかるので、ストレスフリーで調理や片付けができます。動線も抜群です。
成瀬友梨/猪熊純「スプリットハウス」

カウンターが主役のキッチン

カウンターが調理台になり、家族全員で料理が楽しめるキッチン。食器類は収納棚の中へ、よく使うキッチンツール類をハンギングにしています。サッと手が伸ばせるので手際よく調理ができます。

可動棚でフレキシブルに対応

可動式の棚は、食器類やキッチン用品の高さや幅に合わせた調整が可能です。「あと少し棚が高かったら入るのに・・・」ということがなくなり、フレキシブルに動かせる棚で収納力がぐんとアップします。

壁面で大容量収納を叶える

壁一面に収納棚を取り付けた事例です。
壁全面に作り付けの棚をつけて、普段使いでサッと取り出したいもの、普段使わないものは上へとルールを決めて調味料類や調理グッズを納めています。料理上手な人ほど、「ここにこれがあると使いやすい」とわかっているもの。“見せる”と“仕舞う”を上手に分別した使いやすいキッチンです。

引き戸でスッキリ!見せない収納

ごちゃごちゃしがちな食器やキッチン用具は全て納め、モノの定位置を決めてあげるとスッキリとした印象に。お手入れやお掃除がしやすい上、清潔感のあるキッチンです。
全てを収納してしまうと、電子レンジや炊飯器などを置くスぺースに迷うものですが、こんな風に専用のスペースを作れば問題は解決します。開閉がしやすい引き戸タイプなら、使い勝手もよく調理の妨げになりません。

引き出しの中にもひと工夫を

キッチンの引き出しの中に、100円ショップなどで買える突っ張り棒やタオルバー、ケースなどを入れてデッドスペースを有効活用したり、仕切りを作ると収納力がアップします。
食洗機と食器用の引き出しを隣り合わせにすることで、無駄な動きのない片付けができます。
家の中でも一番悩みがちなキッチンの収納。
アイデア次第で使い勝手のよいキッチンが手に入ります。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

キッチン(台所)の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る