2016年09月23日更新

インテリア(壁/床)

「漆喰」と「珪藻土」の違いは?メリット&デメリットは?

大人気のDIY。その中でも壁紙を張り替えたり、ペイントや珪藻土を塗る方も多いのではないでしょうか。
昔なからの「漆喰(しっくい)」と最近よく耳にする「珪藻土(けいそうど)」は、とてもよくに似ていますが、
扱いやすさや調湿効果など、それぞれ違いがあることをご存じでしたか。
今回は、似ているようで違う、「漆喰」と「珪藻土」のメリット&デメリットについてご紹介します。


「漆喰」と「珪藻土」の違いとは

漆喰と珪藻土の違いは大きく分けて2つあります。固まり方と調湿機能です。
漆喰の原料は、消石灰などの自然素材で、水と砂などを混ぜて練り上げて作られます。
珪藻土は、植物プランクトンの化石で火に強い特性があり、七輪やコンロの材料になるものです。

> この住宅のすべての情報を見る

「漆喰」と「珪藻土」のメリットとデメリット

漆喰の原料となる石灰は自ら固まる力があり、壁の材料として最適です。
なめらかな質感で陶器のようにツルツルとした仕上がりと、アルカリ性でカビが発生しにくいのが特徴です。調湿効果も優れていると言われていますが、それは土壁に塗るのであればの話で、現代では一般的に石膏ボードに塗ることがほとんどなので、調湿は低めになってしまいます。

> この住宅のすべての情報を見る

珪藻土は自ら固まる性質がないので、糊や接着剤を混ぜて使用します。そのため漆喰のような滑らかな仕上がりは期待できませんが、素朴で味わいのある壁に仕上がります。優れた調湿効果があり、カビやダニの発生を抑制して、お部屋の湿度を快適に保つ効果が期待できます。

> この住宅のすべての情報を見る

調湿効果に優れ、断熱効果も高い「珪藻土」に人気が集中しているようです。
漆喰は真っ白でツルツルの仕上がりになりますが、珪藻土はオフホワイトで見た目も柔らかい印象です。

> この住宅のすべての情報を見る

お子さんのアレルギー対策に

漆喰や珪藻土はカビがやダニが発生しにくいため、赤ちゃんのいるご家庭やアレルギーのある家族のためにも最適です。

> この住宅のすべての情報を見る

ナチュラルな風合いも魅力

壁紙やペイントにはないナチュラルな風合いも魅力の一つです。
最近では、白以外でも様々なカラーが楽しめるようになりました。

> この住宅のすべての情報を見る

またプロの手に委ねるのではなく、自分の手で仕上げられるのも魅力の一つです。

> この住宅のすべての情報を見る

漆喰と珪藻土には、それぞれの良さがありますが、どちらを選ぶかは自分次第です。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

最近お気に入りされた写真

  • リビングダイニング(カウンターデスク)
  • 大きなオリジナルソファ
  • ウォークインクローゼット
  • 廊下
  • リビングダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか