2017/06/26更新0like3306viewklug

サブウェイタイルや大理石・・・おしゃれ素材を取り入れよう!

近年人気のNYスタイルをよりオシャレに仕上げてくれるのが、サブウェイタイルや大理石など、どこか懐かしさが漂うスタイリッシュな脇役素材です。

地下鉄で使われていたタイルをリビングやキッチンに使ったり、ラグジュアリーな大理石のテーブルやカウンター、雑貨などのインテリアを好む人が増えています。

どんな風にインテリアに取り入れているのか、実際の事例をご紹介します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

サブウェイタイルで仕上げたオーナー好みのキッチン

既存の間取りに合わせて10年暮らしたマンションを「自分たちに合わせて」リノベーションした事例。
従来の仕様では満足できなかったオーナーが、ラフな格好よさを求めて選んだ「サブウェイタイル」。シンプルで使い心地のいいキッチンへと生まれ変わりました。
IKEAのキッチンをベースに、サブウェイタイルを張った戸建リノベーションです。築50年を経た木造建築の味わいと、どこか懐かしさが漂うタイルの風合いがよく馴染んでいます。
プロが好むステンレスキッチンの壁に、サブウェイタイルを合わせた事例。
極力無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインが魅力。コンパクトでも機能性は抜群で、タッチレス水栓やガラストップのコンロなどお手入れのしやすいキッチンに仕上がりました。

水回りに強いサブウェイタイルは浴室に最適

洗面台や浴室、トイレなど、水の耐久性に優れているサブウェイタイルは、水回りに使う素材として最適です。視覚的にも味わいとリズムが加わり、壁面のインテリア性が高まります。

目地やタイルの色が選べるサブウェイタイル

水に強いため、ユニットバスやトイレにもおすすめです。目地の色で印象が変わるため、黒の目地でコントラストをつけたり、白の目地でシンプルに仕上げたりと同じタイルでもイメージがガラリと変わります。
目地だけでなくタイルの色も豊富。好みのカラーを選ぶことで、インテリアに多様性を加えられます。

ラグジュアリーな大理石が旬

サブウェイタイルと同様に、最近注目されているのが大理石です。
本物の大理石は、自然の摂理と偶然から生まれた天然石です。色や質感、風合いなど、同じ模様は一つとしてなく、中にはアンモナイトなどの化石が埋まっているものまであり、長い年月をかけて形成されたことがわかります。
種類が豊富で色合いさまざま。床材として使われることが多い印象ですが、壁やキッチンのカウンター、家具などにも多様できますよ。
高級感がある大理石を使ったインテリアは、トイレやユニットバスにホテルのような趣きが加わり、非日常感が味わえます。
キッチンの壁に大理石を使った事例です。白い床や壁面収納、テーブルセットにも全て白でコーディネートされたスタイリッシュな空間に大理石の模様がアートのように映ります。
トレイやプレートなど、大理石の雑貨をインテリア小物に取り入れるだけで、今っぽい印象に。一人時間を楽しんだり、来客時にお茶をサーブするときに喜んでいただけます。
インテリアにも流行があり、時流をうまく掴んで生活に取り入れると毎日が楽しく豊かになります。日々の生活を楽しくするコツとして、トレンドの脇役素材を取り入れてみませんか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る