2016年01月13日更新

リフォーム・リノベーション(HOW TO) , 注文住宅(HOW TO)

お気に入りの「建築家」から選ぶ家づくりのポイント ~ 戸建て編 ~

最近では、家を建てたい、リフォームしたいと考えた時、ほとんどのオーナーが真っ先に取る行動がネット検索です。
中には、実際に住宅展示場に足を運んだり、すでに取引のある業者に依頼する方もいると思いますが、ほとんどのオーナーは、どの設計事務所にお願いしようか、どの施工会社に依頼しようか…と、さまざまなコンテンツや事例画像を見比べ、費用と相談し、実際に住む家の近くにある業者に問い合わせをするのがスタンダードです。

その選択肢に加えてほしいのが、お気に入りの「建築家」という視点。
建築家と聞くと敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、テレビでひっぱりだこの有名建築家である必要はありません。
自分の感性と合うかどうかがポイントです。プロが手がけた実際の家を見れば自分好みの設計かどうか、得意技は何か、住む人の評価はどうかなど一目瞭然です。

好きな建築を数多く手がけている建築家は、自分好みの家づくりをしてくれる可能性がぐっと高まります。
実際の事例をみながら、そのポイントを探ってみてください。


注文住宅の事例から「建築家」を探してみる

ネット検索で「注文住宅」「建築家」などキーワードを入力すると住宅関連や設計事務所のサイトがヒットします。この時に「建築家」とキーワードを入力するのもいいのですが、おすすめは事例集から建築家を探すという方法です。

例えば、SUVACOのTOPにも「建築家」から探す方法がありますが、「リフォーム・リノベーション・注文住宅のプロジェクト事例」から希望の価格帯をクリックすると、沢山の注文住宅の事例がみられます。その中に「家」でも「注文住宅」でもなく「オウチ」というキーワードが際立つ注文住宅の事例を紹介している建築家の石川淳氏の事例を見てみましょう。

オウチ13・愛犬と暮らす家

上は「オウチ13 愛犬と暮らす家」の外観、下は「ハコノオウチ03 スモールオフィスのある家」の外観です。

石川氏の紹介文の中には「白を基調にイエ型のシンプルで飽きのこないデザインとハコ型のハコノオウチを作っています」という紹介文が掲載されています。
「性能や環境といったキーワードが溢れていますが、好きなデザインの洋服を着ると素敵な気分になるように、素敵なデザインの家で暮らす生活はとても豊かな気持ちになるものです。そのような住宅を作りたいと考えています」と続きます。(https://suvaco.jp/profile/otVeoMNs4sより引用)

ハコノオウチ03 スモールオフィスのある家

石川氏が手がけた注文住宅の事例はすべて「オウチ」のキーワードが入っているので、事例を見比べることが簡単にできます。イエ型、ハコ型といったシンプルでわかりやすい考え方も好感度が高く、たくさんのオーナーが石川氏に設計を依頼する理由が垣間見られます。イエの中もシンプルで個性的な空間が広がっています。

オウチ12・木箱の入った家

住みたい街を限定して「建築家」を探してみる

もう一つのおすすめは、住みたい街から「建築家」を探すという方法です。例えば、東京都の住みたい街No.1に「吉祥寺」が挙げられます。この吉祥寺とキーワードをに入力すると、吉祥寺に立つ戸建ての事例やリフォームの事例がヒットします。

例えば「吉祥寺」とキーワードを入れると、上位に「U邸@吉祥寺」「吉祥寺の家」といった事例がヒットします。
「U邸@吉祥寺」の家は建築家の事例ではありませんが、リノベーションのプロが集まるリノベーション会社「株式会社style labo」が手がけた事例です。吉祥寺の築50年の戸建リノベーションしたリフォームやリノベーションを得意とする会社です。この会社のプロフィールからは、たくさんのリフォームの事例を見ることができます。

U邸@吉祥寺

もう一つの「吉祥寺の家」は、建築家の浅利幸男氏が手がけたものです。浅利氏は都内に事務所を構え、23区や都内の物件を多く設計されています。

浅利氏の紹介文には、「建主が「自分が欲しい家」をイメージしたり、言葉にしたりするのは簡単な事ではありません。提案は建主が自らの要望を整理する為に重ねられてゆく。建主は設計の初期段階で明確なイメージをお持ちでなくても良いのかも知れません」(https://suvaco.jp/profile/P6fcvhOMidより引用)と書かれています。
自分のイメージがなかなか定まらない時に、整理して提案してくれる。そんな印象を感じます。

吉祥寺の家

こちらも浅利氏が手がける「八雲の家」。吉祥寺ではありませんが、シンプルで無駄のないデザインが印象的な設計です。住宅には植栽があり、自然や緑を感じさせる動線も浅利氏の魅力です。

八雲の家

「八雲の家」は都心部にあるため、高密度の住宅地に建てられています。周囲からのプライバシーを守りながらも中庭を設け、ルーフバルコニーにも植栽を設けるなど、家の中に居ながらも緑の豊かさや自然との調和を感じることができる家づくりが得意な建築家です。

八雲の家

ここで紹介した事例や建築家はほんの一部です。家づくりに対するこだわりも人それぞれ。建築家というキーワードだけでなく、自分にあった方法で家づくりのポイントを見つけてみてください。Pinterestやお気に入りのサイトで気になる画像をブックマークしたりしながら、自分の中でのお気に入りランキングを作ってみるのも楽しいかもしれません。


この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • テラス
  • 階段につくられた引出しの収納
  • 外観1
  • 細長いリビング
  • 収納スペース

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問