2017/03/09更新1like2035viewklug

花粉症対策にもなる!お掃除しやすいスッキリ空間が魅力の家

毎日掃除しているはずなのに、どうして埃が立つんだろう…と思ったことはありませんか。きちんと掃除機をかけたり、マメに拭き掃除をしているのに、何だか家事をサボっているような気分にさせられます。

とくに花粉が飛び散る季節は、室内に入ってきた花粉も除去したいと思っている方も多いのではないでしょうか。テレビボードの下、チェストの裏、机や飾り棚の隙間など、普段掃除しにくい場所も念入りに掃除しておきたいですね。

そんな家具の隙間を極力減らして、掃除のしやすいスッキリとした家を今回はご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

座れるフローリング

広々としたリビングには、大きなローテーブルとチェスト、一人がけ用の椅子と必要最低限の家具が置かれ、スッキリと清潔感のある空間になっています。座れる床を保つためには、やはり毎日の掃除が不可欠です!そのためにも無駄なものを省き、まめに掃除したくなる空間づくりを心がけましょう。

和洋ミックスで掃除のしやすい空間づくり

フローリングのLDKの一角に小上がりの和室が設けられています。小上がりの下を大容量収納にすることで、掃除がしやすいスッキリと片付いたリビングを実現させています。

埃を寄せ付けないフロアタイル

愛犬と暮らすオーナーの家は、フロアタイルでリビングの床を施工しています。滑りにくいだけでなく、フローリングよりも溝に埃りがたまりにくいので、掃除しやすく清潔な床が保てます。

造り付け収納で埃を防ぐ工夫を

本好きの方に、おすすめしたいのが壁面収納です。壁に造り付けにしたり、DIYで本棚を造作して設置すると、想像以上にたっぷりと収納できます。蔵書に合わせて棚の高さやスペースを作れるので、余分な隙間が生まれず埃を防ぐので、掃除がぐっと楽になりますよ。

何も置かないキッチンでスッキリ清潔に

掃除がしにくい場所の一つにキッチンが挙げられます。油や水汚れがたまりやすいキッチンこそ、清潔に保ちたいですね。キッチン台とカウンターの高さを揃え、つなぎ目がないものを選ぶ、調理台とシンクはフラットなものを選ぶなど、キッチン選びのひと工夫でぐんと掃除がしやすくなります。
調理台を選べないのであれば、調理台に無駄なものを置かない工夫をしましょう。そのためにも、収納場所を確保したり、パントリーをつくるなどの工夫をすることが大切です。

換気や掃除のしやすさに配慮したバスルーム

キッチンに次いで掃除が悩ましいのがバスルームです。湿気がこもりやすいバスルームは、換気にも気を配り清潔に保ちたいですね。
とくにバスルームの扉はカビや汚れが付着しやすく、掃除しにくいもの。ガラス戸や大きな扉を施工すると換気も掃除もぐんと楽になります。
くもりや水滴がつくと、意外と落としにくいのが鏡の汚れです。バスルームに鏡があるというお宅は多いと思いますが、思いきって鏡を外すのも掃除の手間を省く一つの方法です。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る