2017/09/05更新0like3180viewklug

インスタ映えするおしゃれな家にはある!大理石の雑貨

つい「いいね」を押したくなる、インテリアや料理などのSNS投稿。今回はそんな写真の共通点をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

大理石アイテムが人気の理由

多くのインフルエンサーは、写真に生活感が出ないよう背景やベースとなる下地に気を遣い、被写体の周囲をおしゃれにスッキリと見せる工夫をしています。その中でもとくに人気があるのが、大理石のプレートや雑貨!

本物の大理石は重さがあり扱いが難しいのですが、最近は大理石風のデザインが施された雑貨や大理石シートを使ったDIYがちょっとしたブームで、その美しい斑紋を利用して写真を撮ると被写体におしゃれ度が増し、とくにInstagramでは「インスタ映え」すると話題になっています。

大理石を敷くだけで写真がおしゃれに!

大理石とは石灰岩が変質して結晶した岩石のことです。一般的には白色や黒色で、美しい斑紋があるのが特徴で、古くから建築や彫刻、装飾等に使用され、多くのアーティストに愛されてきました。

この独特の斑紋を生かした「大理石雑貨」を使うと写真がおしゃれに見えることから、Instagramに写真をアップする人が続出しています。
本物の大理石をインテリアとして取り入れるが理想ですが、それなりのコストと専門家による施工が必要です。その分、独特の空間美が生まれ、一枚の絵画のような趣きのある家づくりが叶います。
白の印象が強い大理石ですが、黒の大理石もまた違った趣きが楽しめます。

大理石は家具や雑貨で取り入れる

洗面台やテーブル、パーツや雑貨で大理石を取り入れるのもおすすめです。
インテリア性が高いので、各室のアイコン的存在で写真映えする空間が生まれます。
キッチン用のカッティングボードをインテリアに取り入れるのもおすすめです。質感やサイズが豊富で、ネットショップなどで購入ができます。フルーツやスイーツなど、料理用の写真はもちろん、雑貨などを置いて写真を撮るとインスタ映えしますね。

100均で手に入るカッティングシートでDIY

100均などで購入できるカッティングシートを使い、DIYで大理石雑貨を手作りする方も増えています。空き箱や空き缶など、サイズに合わせてカットして貼りつけるだけでオリジナルの雑貨がつくれちゃいます。
IKEAやニトリなどで取り扱っているフォトフレームやアートフレームを使い、パネルを自作するのもおすすめです。サイズや質感違いでいくつか作っておくと、インテリアとして、写真を撮る時の背景として使えます。

カッティングシートで家具をリメイク

古くなった家具や雑貨をカッティングシートを使い、リメイクするのも素敵です。

この事例は本物の大理石を使ったコンソートテーブルですが、海外のおしゃれなサイトを参考にしながら大理石風に仕上げると、何気ないテーブルやシューズボックスなどが蘇り、写真映えする家具へと一新します。
エントランスに置かれたサイドボードはDIYによるもの。大理石風テーブルにすると、おしゃれ度がアップしてフォトジェニックなスペースに変わりますね。
ラグジュアリーな大理石の風合いを活かしたオシャレなインテリアを楽しみながら、InstagramやSNSなどに使えるフォトジェニックな空間を演出しましょう。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る