2016年03月09日更新

注文住宅(その他)

まるで秘密基地!!『コンテナハウス』の魅力とは

『コンテナハウス』と呼ばれる建物をご存じですか?
「コンテナ」とは、もともと中に物を入れる箱の総称ですが、コンテナハウスに利用されているのは、貨物輸送用の大型の鉄製の箱で、船や列車、トラック等で運ばれている様子を見かけたことがあるのではないでしょうか。

頑強なこの鉄製の箱を建物として利用したのが、コンテナハウスです。建築物とは違った味わいや頑強さ、移動ができる利点もあり、住宅としての用途のほかに店舗としても注目を浴びています。実際にどんな使い方をしているのか、その魅力に迫ります。


そもそもコンテナハウスって何だろう?

コンテナとは貨物輸送のために使われる鉄製の箱で、ISOの規定で12フィート、20フィート、40フィートとサイズがあります。スタンダードなのは、20フィート(長さ約6m×奥行約2.5m×高さ約2.5m)のコンテナです。建築用として、この20フィートのコンテナに手を加えたり、2つ、3つとつなげたりして広さを確保した箱がコンテナハウスです。

mobilehomeideas.com

出典:mobilehomeideas.com

頑強でワイルドな趣きやカラフルでオシャレな外観を利用して、カフェやショップなど店舗としての需要は高まるばかり。家庭用としての倉庫やガレージのほか、趣味室やサウナ室としてコンテナハウスを建てるオーナーも増えてきています。

hiconsumption.com

出典:hiconsumption.com

コンテナハウスに魅せられて〜ショップ事例

では、実際に使用事例をみていきましょう。こちらはフラワーショップの事例です。
コンテナをつなげ、十分な広さを確保しています。
店内は冷暖房完備で、トイレもついています。

hanasakuminaru.jimdo.com

出典:hanasakuminaru.jimdo.com

中はたくさんのお花が並ぶ、一般的なフラワーショップになっていて、コンテナの無骨さを一切感じさせません。

hanasakuminaru.jimdo.com/blog/

出典:hanasakuminaru.jimdo.com/blog/

コンテナハウスに魅せられて〜住居事例1

ここからは住居事例をご紹介します。海外の建築デザイナーAdem Kalkin氏によるものです。
艶やかなブルーの外観はコンテナそのものですが、家の中はゆったりと寛げるリビングになっています。

ideasgn.com

出典:ideasgn.com

十分な広さとスペースが確保されたリビング。天井や支柱にコンテナならではの風合いを感じます。コンテナという居住空間に戸建て住宅がまるっと入ってしまったユニークな空間です。リビングやダイニングは開放的なコンテナ部分にあり、仕切りの一つとして戸建てがある感覚です。ダイナミックなアイデアには脱帽ですね。

ideasgn.com

出典:ideasgn.com

コンテナハウスに魅せられて〜オフィス事例

目を引くデザインとリサイクルの観点から、コンテナをオフィスにした事例です。

afflante.com

出典:afflante.com

ミーティングスペースからの眺めです。開放感がありながらも、秘密基地のような印象を感じるつくり。集中力が高まり、ミーティングに熱が入りそうです。

afflante.com

出典:afflante.com

さまざまな用途で使えるコンテナハウス。最近では、東北の被災地住宅需要やイベントでのテナントとしての需要も多く見られるようになりました。

もとは鉄の運搬用の箱なので、住宅利用として使用するためにはライフラインの確保が不可欠ですが、最近では専門知識を持つ業者も増えてきています。その他、法的なデメリットとして、一般の住宅を申請するよりもやや時間と手間がかかる点も挙げられます。

デメリットもありますが、メリットも大きいのがコンテナハウスの魅力。
コスト面にも優れているため、低価格で理想の家やテナント作りが叶い、自分好みに作り上げていく達成感や満足感が味わえます。

ぜひ家を建てる際や店舗を構える際など、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。


この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 洗面
  • 子供部屋
  • 洗面
  • 洗面バス
  • ダイニングキッチン

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問