2016/05/25更新1like4631viewklug

インテリアにもトレンドを!「70'sヴィンテージテイスト」

2016年のファッション業界は「70's」旋風が巻き起こっています。
どこかレトロな雰囲気が漂うヒッピー、フォークロア、ボヘミアンなどのスタイルに注目が集まった1970年代のファッション。とくにファッショニスタの間では、ベルボトムやフリンジといったダメージ感、ヴィンテージ感のあるデニムに人気が集中しています。そんな70'sのヴィンテージテイストをインテリアにも取り入れた事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

70'sヴィンテージとは

70'Sヴィンテージとは、1970年代に流行したファッションのことを指します。
ファッションが多様化を極め、ツィギーやブリジット・バルドー、ジェーン・バーキンなどがアイコンとなった時代。ヒッピーやボヘミアン、サイケデリックなどロックテイストが時代を牽引する一方で、ロマンチックやフォークロアといったフェミニンなスタイルも70年代の特徴です。
そんな70年代に建てられたマンションはヴィンテージマンションと呼ばれ、今なお高い人気を得ています。
売りに出されるのを何年も待つ人がいるほど人気のヴィンテージマンションもあります。
多くはリフォームやリノベーションをしたり、敢えてレトロな雰囲気を残して趣きを楽しんだりしながらオーナー好みの空間へと生まれ変っていきます。そこには、どこかアンティークな風合いやノスタルジックな雰囲気に魅せられたオーナーたちのこだわりの空間が広がります。

インテリアにも70'Sを取り入れて〜アンティークな家具で雰囲気をプラス

ヴィンテージマンションに限らず、70'sの雰囲気を出したいならば家具やファブリックで取り入れるのがおすすめです。
家具ならばハードな風合いのレザーのソファ、アンティークなチェストやドロワー、椅子が一つでもお部屋にあると印象が変わります。

インテリアにも70'sを取り入れて〜ファブリックでヴィンテージ感を

ソファカバーやクッション、インテリア雑貨などさりげなく70'sテイストのものを置くだけでインテリアが一新します。
なかなか変えられないインテリアですが、カーテン、ベッドカバーなど気軽なものから替えてみると雰囲気が変わって楽しいものです。インテリアに迷ったら、ぜひファッションのトレンドに目を向け、好みのテイストを取り入れてみてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る