2015年04月04日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

収納上手はここが違う!~キッチン収納に必要な大きさとは~

家の中で一番収納が必要な場所はキッチンです。ご飯は毎日食べるので冷蔵庫はあって当たり前ですが、設置する場所に困ります。家電は隠して収納したい方や壁面収納で家電もインテリアとして見せたい方など様々です。家電だけでなく、食器や鍋や調味料も同じですよね。
キッチンの収納は大きすぎても小さすぎてもいけませんが、せっかくならおしゃれで機能的な収納抜群キッチンにしてみませんか?
収納上手な理想のキッチンには置く物、しまう物の収納場所が設置されており、スタイルに合わせた収納棚があります。そこで今回は片付くキッチンの秘密をご紹介します。


スタイリッシュにまとめられたLDK。家電は左奥の棚に収納し、生活感のない空間に。オープンキッチンは広く使えるのでオススメです。

マンションリノベーション・リフォーム事例「クールモダンの家」

家電を壁面収納にビルトインしてスッキリしたオープンキッチン。
壁面収納の良さは家電もインテリアに見せてくれるところです。とくに食洗機はパッと見てもどこにあるか分かりません。

注文住宅事例「藤沢の家/Na邸」

右奥に設置された折れ戸収納は、生活用品も収納できるサイズに造られているので想像以上に便利です。この場所に折れ戸収納を設置するのは珍しいですがオススメです。

注文住宅事例「東和の住まい」

白とステンレスでスッキリしたL型キッチン。コンロ横の壁はリビングの壁面収納で、キッチン収納と同じ造りなのでバランスの良い空間になっています。これだけ収納があれば全て収まるので完璧です。

注文住宅事例「SKR [北側採光の家]」

正面からキッチンを見ても、見えるのは壁のみ。家電が見えません。冷蔵庫は圧迫感を出す場合があるので、隠すと白が映えます。生活感の出る家電の置き場に悩んでいる方にオススメな配置です。

注文住宅事例「セイタカノッポ」

憧れのラグジュアリーキッチン。家電は背面に置かず、横に設置した壁面収納に収納するのがポイントです。背面にはお洒落なインテリアを置き、生活用品は置かない。ラグジュアリーな空間には大型収納が必須です。

リノベーション・リフォーム会社:リノベーションカーサ「高台に建つ都心のセカンドハウス(リノベーション)」

戸建リノベーション・リフォーム事例「高台に建つ都心のセカンドハウス(リノベーション)」

壁面収納に全て折れ戸が付いている収納。生活用品を棚に置いても閉めてしまえば気になりません。見せたい時は、折れ戸が収納できるので見せることも可能。フラットなスタイルを維持する収納は扉が邪魔にならないのでオススメです。

注文住宅事例「「S Residence」斜面地に建つ開放的な邸宅」


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • インナーテラスのあるリビング・ダイニング
  • 使い勝手を計算されたランドリールーム
  • ベッドルーム
  • アウトドア用品も置けるエントランス
  • 玄関

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?