2014年09月11日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

清潔感溢れるブルーがテーマカラーのキッチン

最近はIH調理器もあるとはいうものの、キッチンに火はつきもの。
特に夏など暑くてなかなか凝ったお料理をする気になれません。
せめてキッチンのテーマカラーをブルーにして、涼しげな雰囲気を出すのもいいかもしれないですね。


なかなか日本ではみかけない、ブルーと赤っぽいパープルの両方が使われているシステムキッチンです。どちらも大人しめの色なのでお互いにケンカすることなく、大人ぽい雰囲気になっています。ドアの取っ手が透明なのが涼しげでいいです。

husohem.se

出典:husohem.se

これも日本ではあまり見かけないロイヤルブルーがテーマカラーのキッチン。
真ん中の青と白のタイルがアクセントになっています。ロイヤルブルーともう一段階明るい青の両方を取り入れることでリズム感がうまれています。

husohem.se

出典:husohem.se

淡いブルーを使ったレトロ感あふれるキッチンです。扉の取っ手が真ん丸なのがレトロ度を深めています。じっくりコトコト料理をしたくなりますね。

husohem.se

出典:husohem.se

これもなかなか見かけないブルーとグレーのグラデーションのシステムキッチンです。鏡面仕上げではないこと、淡い色であること、適宜に白が組み合わされていることでごちゃごちゃ感はありません。

husohem.se

出典:husohem.se

市松模様の床とターコイズブルーの壁が50年代っぽいキッチン。
一つ間違えるとごちゃごちゃ感が出てしまいますがうまくまとまっている上級者テク。
システムキッチンが白くシンプルなので うまくまとまっています。

husohem.se

出典:husohem.se

淡いブルーが落ち着いたキッチン。難しいことかもしれませんが、いかにカウンターにモノを置かないかどうかですっきり度がまったく違ってきます。

husohem.se

出典:husohem.se

最後に日本の事例。
水色のモザイクタイルと白い床、壁でまるで海外のような色使いのキッチンです。
すっきり感を出すには色数を抑えるのが一番ですね。

Choutette(シュエット)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • プライベートサロン
  • 玄関ホール
  • リビングダイニング
  • リビングとダイニングを仕切るとラグジュアリーな空間に
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問