2017/01/25更新2like7616viewMeru

”窓”を上手に使って明るく素敵なキッチンを作ろう!

窓のある明るいキッチンは清々しい心地よさが何よりの魅力です。しかし、食品を扱う場所なだけに直射日光は厳禁だったり、外からの視線が気になったりすることもありますよね。そんな時はキッチンの窓を上手に配置したり利用する方法を知って、素敵な空間作りをしましょう!

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

景色を取り込む大きな窓

周りからの視線を気にしなくてもいい立地の場合は、思い切ってキッチンの窓を大きく取るのも素敵です。窓を開閉することで臭いや熱気を外に逃がすことが出来ますし、景色を取り込むことでシンプルなキッチンも自然と華やかになります。

中庭やベランダに向けて窓を作る

窓を自宅の中庭やベランダに向けて作ると、外からの視線を気にすることなく開放的なキッチンを演出することが出来ます。料理中でも小さなお子さんがベランダで遊んでいるの見守ることが出来たり、庭でバーベキューをする時に窓から食材を受け渡したりすることも出来そうです。

頭上から採光できるハイサイドライト

天井の高いキッチンなら、頭上から光を取り込むハイサイドライトもおすすめです。これなら窓が通りに面している場合でも外を歩いている人と視線が直接ぶつかることはありませんし、光溢れるキッチンを作ることが出来ます。

小さな窓で明かり取り

窓は小さくても十分に明かりを取り込んでくれます。こちらの事例のように窓際で植物を育てたり、窓の上に棚を取りつけてデッドスペースを有効活用するのもいいアイデアですね。

ブラインドで直射日光を防ぐ

直射日光はキッチンに置いてある調味料や食品を傷めてしまうこともあるので、気になる場合は窓にブラインドを下げてみるのはいかがでしょうか。特に夏場は窓からの日差しでキッチンが暑くなってしまうことがあるので、日光を防げるようにしておく準備も大切です。

おしゃれなカフェカーテン

カフェカーテンは見た目もおしゃれですし、程よく光を通しつつ外からの視線も遮ってくれます。事例のように窓際にお気に入りのキッチン雑貨を飾ってポイントにするのもかわいいですね。

小物で目隠し

カーテンの代わりにキッチン小物をハンギングして、簡単な目隠し代わりに使用するという方法もあります。窓枠のほんの少しのスペースを収納として利用できますし、すぐ手に取れる位置に小物があることで調理中の時短にも繋がります。

室内窓で他の部屋から光を取り込む

マンションなどでキッチンに窓を新設することが難しい場合は、室内窓を造ってみるのはいかがでしょうか。隣接した部屋に差し込む光を取り込むこともできますし、インテリアとして設置するのもおしゃれで人気があります。飾り窓として棚をつけて、観葉植物や雑貨を飾るのもかわいいですね。
SHUKEN Re「No.48 40代/3人暮らし」
このように窓は設置する場所や大きさによって使い勝手も変わりますし、ブラインドや棚を設置するなど様々な工夫を施すことができます。窓のある明るいキッチンで毎日の料理を楽しんでいきましょう。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る