2015年03月04日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

何型キッチンをあなたは選びますか?~知っておきたいキッチンのカタチ~

キッチンには色々なタイプがあります。I型、Ⅱ型、L型などが代表です。また、オープンにしてDK,LDKとして利用するのか、クローズタイプで台所を独立させるのか?悩みますよね。代表的なキッチンをご紹介します。


Ⅱ型で対面キッチンになっています。料理中もご家族と話したり、こちらの造りのようにダイニングテーブルが一体になっているので、すぐにできたて料理を楽しむことができます。あと片づけも楽そうですね!

Hachiyama

L型は壁のコーナーに沿わせてシンクとコンロを配置させます。このように収納を並びで設置するのは、大きなスペースを必要とするのでめずらしいタイプです。しかしコンロと洗い場の動線が近く、L型キッチンは大変作業のしやすい憧れの形です。

Fresco

U型キッチンもコの字型にシンク、コンロなどが配置されるので、移動が少ないキッチンです。
通常は冷蔵庫スペースも合わせて三角に配置し動線を短くしますが、こちらでは窓を大きくとって気持ちよく作業をするためにカウンターにしています。

オリジナルキッチン(LDK)

こちらもⅡ型になります。勝手口がすぐそばなので、ゴミ箱などを外に設置するとキッチンで出たごみも簡単に処理できます。また、あえてリビングとの一部に壁を設置することで、ごちゃごちゃしがちなキッチンをあえて見えにくくすることができます。

オーダーキッチン

ホームパーティーでも最適といわれるアイランド型のキッチン。カウンターの回りで複数人で料理を楽しむのにうってつけです。

MODERN CLASSIC

キッチンを独立させると、そこは主婦にとっては落ち着けるスペースだと思います。
シンク下はあえて収納をつけないことによって、保存食などか取り出しやすくなります。

中庭のある家

I型はマンションなどで見られますが、ダイニングキッチンとして壁に設置されたI型はシンプルですっきりと見えます。
両サイドにパントリーを造りつけると、収納力もアップ。すっきりシンプルな部屋づくりを希望される方はI型ですね。

Bright Craft

キッチンはお料理をする人が、毎日複数回使う場所です。余り妥協せずに自分に合ったスタイルを見つけてください。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • (B棟)垂木の連続性がモダン感覚の木造空間を生み出す
  • リビングダイニング
  • 風が良く通るリビング
  • LDK
  • 天井の流木がポイントのダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…