2015/06/14更新0like7639viewtamaco

もう散らかったキッチンとはさようなら!収納たっぷりキッチン7選

何がどこにあるのかわからないキッチンとはもうお別れ!突然の来客でもすっきりとしたキッチンに。そんな収納たっぷり、すっきりキッチンになれるキッチン収納の充実した理想の事例を集めました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

出しっぱなしにならない!収納力のあるキッチン7選

リビングダイニングあるオープンキッチンですが、作業部分は壁に面している作り。
長く伸びる朝食など軽食や子供の勉強もできるダイニングテーブル兼カウンターは、スツールもきちんと収まるようになっています。キッチン部分に加えてダイニングカウンターの下部にはしっかりと収納があるのが魅力。引き出しが多く、細かく分類されているために、常に作業台はスッキリ片づけておけます。
キッチン道具や調味料、そして何かと補充品など物が多いキッチン周り。すっきりさせるのに収納たっぷりのパントリーがあるととても便利ですね。プランに余裕があれば絶対にあると助かる部屋の一つです。キッチン周りには料理で必要な物だけ収納し、ストック物は、パントリーへと用途によって収納スペースを変えることができるので、キッチンもスッキリ動きやすく使い勝手のいい空間になります。
物は多くても憧れちゃうアイランドキッチン。だけど収納を考えるとやっぱり・・なんて躊躇させないほど大容量の背面収納!壁一面にこれだけの収納があれば、キッチンの上のつり戸棚が無くても大丈夫ですね。使い勝手と部屋としてのスタイリッシュさを備えたキッチンです。
散らかしたくは無いけど飾るのも大好き!見せる収納を楽しみたい!
リビングから見える部分にはガラスの扉をつけた見せる収納棚。細々した生活感の出る見せたくないものは、横に扉つきの収納棚に。部屋全体のテイストに合うものだけをガラス戸棚に収納し、季節ごとに中身を変えても楽しいですね。
デッドスペースになりがちな変形スペースも上手に空間を利用して収納棚をつけ、ストックできる場所をフルに設けています。
対面式も仕切りの高さを高めに取ることで、作業してゴチャゴチャになったキッチンの目隠しにもなるので、リビングからの眺めは常にスッキリします。
アイランドキッチンの場合、ダイニング側にも収納をつくることができます。
食器はもちろん、ダイニングで必要なものも収納できるので食事の用意の際の動線も楽になります。
リビングから繋がるキッチンスペースですが、収納棚で半独立型のキッチンにしています。リビングよりの空間はカウンターになっているので、圧迫感もなく、そして作業もしやすくなっています。大業量の天井までの食器棚がリビングとの仕切りとなり、程よく集中してキッチン作業ができるようになっているのもいいですね。
お気に入りに追加

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る