2014年07月28日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

すっきりシンプルにみせるキッチン収納のコツ

キッチンのオープン収納は、使い方によっては雑多な印象になりがちです。
スッキリとディスプレイしているかのように収納するには、器選びと置き方が大切。
器は色数をしぼって統一感を出しましょう。「アクセントをつける」、「抜け感を出す」を意識するとまとまりのある収納になります。


木製の棚とほぼ同色の木の器が置かれ、白の器とライトグリーンの器がアクセントになり、隣の趣の異なる木の水差しがニュアンスをつけています。
選び抜かれた器がディスプレイされているかのように収納された棚です。

pinterest.com

出典:pinterest.com

ライトグリーンの壁が印象的なオープン収納。中段は一つデザインの異なる容器が交っていますが、ラベルを揃えることで、違和感なく溶け込んでいます。

thekitchn.com

出典:thekitchn.com

大中小と並べられた鍋が美しい棚。飾られた絵も、収納されている小物のようです。
ガラスのグラスが置かれていることで、抜け感が出ています。

housebeautiful.com

出典:housebeautiful.com

キッチンでは珍しい黒のオープン収納。ニワトリの入れ物や数字の書かれた白のカップが、モノトーンでありながらも、柔らかさを出しています。

beautifulhomesdesigns.com

出典:beautifulhomesdesigns.com

雑貨屋さんのようにディスプレイされた棚。インテリアグリーンが白だけの食器に彩りを加えています。下段のナンバーレートもフォーカスポイントに。棚のL字金ものやカウンターのカゴに黒を用いたことで、メリハリのある空間となりました。

julieblanner.com

出典:julieblanner.com

シンプルな長い棚板が設けられたキッチン。日々使うものを使いやすく並べているだけでも、趣が同じ食器で揃えられているので、雑貨店の棚のようです。

世田谷フラット


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ベッドルーム2
  • ウォークインクローゼット
  • ダイニング・キッチン
  • 1階トイレと洗面コーナー
  • 洗面

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問