2017年01月10日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

見せる収納!調味料もキッチン用品もインテリアにしちゃおう!

なるべく物を見せずに収納するのもいいですが、毎日使うキッチンツールやお気に入りの食器など、インテリアとてして見せる収納にもこだわりたいものです。また見せる収納は必要なものをすぐに手に取れるという実用性もあります。
今回は見せる収納に注目して、事例をみていきましょう。


キッチン全体の色をそろえてシンプルに見せよう!

キッチンは置いてある食器やお鍋など形や大きさがまちまちで、雑多な印象になりがちです。
しかし、こちらの事例は白を基調としたキッチンに、白や黒のモノトーンにキッチン用品の色を統一することで、スッキリとした印象になっています。デザインに統一感があるのはもちろんのことですが、色を揃えるだけでも印象が変わります。

リノベーション会社:株式会社FILE「まるで雑誌から抜け出したような世界が広がるアイランドキッチン」(リノベりす掲載)

吊り棚でバーのような見せる収納

キッチンとリビングの両サイドから使えるように吊り棚を設置しています。リビング側にはおしゃれなお酒のボトルを並べてインテリアの一部に。カウンター横に設置したオープン棚はお気に入りのカップをディスプレイ収納。普段使う食器やボトルも収納方法でバーやカフェのような空間に仕上げてくれます。

リノベーション会社:アンメゾンワールド株式会社「業務用キッチンが主役! サニタリーは既存の設備をフル活用」(リノベりす掲載)

飾り棚を取り付けて、お気に入りのディスプレイエリアに!

飾り棚を取り付けて普段使うちょっとおしゃれなキッチン用品を飾れば、まるで雑貨屋さんのような印象に。この事例では、土鍋や鉄器など重厚感のあるものを下段にし、ガラスや籐のポットなど軽やかなものを上段に置くことでバランスを取り安定感を出しています。また、オープン棚に収納しているだけなので使いたい時にすぐに取り出せるのも便利です。

リノベーション会社:GLADDEN「ガラスブロックのキッチン」(リノベりす掲載)

見せる収納は規則性が大事!

毎日使うフライパンやフライ返しは壁に吊るすだけで、収納スペースの節約と収納の手間がはぶけます。この事例で注目すべきポイントは、フライパンがサイズ順に並べらえていること。並べ方に規則性があるだけで、すっきりとした印象になります。

リノベーション会社:株式会社エキップ「間取りの変更なし!生活動線を意識したキッチンの作業台」(リノベりす掲載)

吊り棚で見せる収納

アイランドキッチンの上部はおしゃれな木製のルーバー天井。そのデザインをいかして吊り棚が設置されています。コーヒーミルやお気に入りのお酒など、こだわりの品を並べた見せる収納です。

Tさんの家

キッチンの壁面の収納活用術

オープン棚やキッチンツールを吊り下げるフックやウォールハンガーを取り付けた、キッチン壁面をフル活用した収納例です。まな板やお皿など、大きさのあるものは立てて収納し、掛けられるものはフックを利用。用途や形に合った収納を心掛けるだけですっきりとまとまり、使い勝手もよくなります。

passage

見せる収納でカフェのようなキッチンを実現

開放感のあるオープンキッチン、壁面のオープンラックや天板に並べられたタンブラーがまるでカフェのような雰囲気です。オープンラックは見せることを意識して、あえて物を置きすぎずスッキリとまとめ、細々としたキッチンツールは見えないところに。このように見せる収納と隠す収納を使い分けるのもいいですね。

リノベーション会社:nu(エヌ・ユー)リノベーショいン「凹凸の集い」(リノベりす掲載)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 書斎
  • リビングよりキッチンを見る
  • 洗面
  • 階段途中の小さな居場所
  • キッチンから見えるリビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

専門家探しに悩んだら…