2016/04/28更新2like6727view莉緒

どれを選ぶ?キッチンタイプとメリット&デメリット

おしゃれなキッチン事例をたくさん見ていると、どれを選べばよいのか迷ってしまいますよね。
そんな時の参考にしていただけるように、キッチンの種類別メリット&デメリットについてまとめてみました。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

独立型キッチン

独立型キッチンとは、リビングダイニングとキッチンが壁や扉で隔てられ、キッチンがひとつの部屋として独立している形のものをいいます。

メリットとしては、ニオイや音が他の部屋に伝わりにくく、来客時にキッチンを見られなくて済むなどがあげられます。デメリットとしては、料理中に他の部屋の様子が分からないこと、窓の有無にもよりますが、ニオイや熱気がキッチンにこもりやすいなどがあげられます。

壁付けキッチン

壁際にシンクやコンロなどをすべて設置したキッチンです。

メリットとしては、部屋が広く使える、料理中の移動スペースが広いなどがあげられます。
デメリットとしては、ニオイや音がリビングまで広がってしまう、来客時にキッチンが丸見えになってしまう、料理中はリビングダイニングに背を向けることになるので、小さなお子さんの見守りがしにくいなどがあります。

対面型キッチン

対面型キッチンとは、キッチンに立って作業する時、リビングやダイニングを見渡すことができる形のものをいいます。対面キッチンには、アイランド、ペニンシュラ、I型、L字型、セパレート型キッチンの5種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

対面型キッチンすべてに共通するメリットとしては、解放感があること、リビングダイニングを見渡せることから、小さなお子さんの様子を見ることができたり、料理しながら家族とコミュニケーションをとることができることです。デメリットとしては壁付け型キッチンと同じで、ニオイや音がリビングダイニングにまで広がってしまう、来客時にキッチンが見えてしまうなどです。
【Ⅰ型キッチン】
シンク・作業スペース・コンロが一直線に並んでいるI型キッチンです。
【L型キッチン】
シンク・作業スペース・コンロがL字型に並んでいるL型キッチンです。
【アイランドキッチン】
キッチンが壁に接していないのがアイランドキッチンです。
【ペニンシュラキッチン】
アイランドキッチンの左右どちらかが壁に接しているのがペニンシュラキッチンです。
【セパレート型(Ⅱ型)キッチン】
シンクとコンロを別々の作業台に配置したのがセパレート型キッチンです。
お気に入りに追加

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

同じテーマのQ&A

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る