2015年08月04日更新

インテリア(家具)

どこかなつかしくて、ホッとする。カリモク60Kチェアを使った昭和レトロなインテリア

なつかしすぎる昭和感ではなく、なんだかホッとするような少しレトロな感じのインテリア。
古民家風のカフェや古ぼけた感がいい雑貨屋など、レトロなインテリアはいつの時代も定番人気です。
そんなレトロなインテリアに欠かせないのが「カリモク60 Kチェア」
味があるカリモクの家具を使った、どこかなつかしいレトロなコーディネートをご紹介します。


カリモクといえば「カリモク60Kチェア」

カリモクとは国内家具メーカー。Kチェアーは、1960年代に発売されて以降のロングライフ商品です。和室や洋室どちらにも合うようなデザインが魅力のひとつです。

出典:pinterest.com

ヴィンテージの家具や小物との相性がよく、レトロ感漂うほっこりとした雰囲気のお部屋です。

出典:pinterest.com

畳と障子という純和風の空間にも黒いソファが引き締まってレトロモダンな雰囲気に。

出典:exblog.jp

手つかずの築88年の古民家にも馴染むんです。
いつの時代のお部屋にも合うカリモクKチェアは、テーブルとのセットでよりレトロな雰囲気を作り出してくれます。

出典:blogspot.jp

古民家カフェにカリモクのソファは定番になりつつあります。

ホッとリラックスできる、古民家風のカフェスタイルにもよく似合うので、憧れカフェの家具の配置を真似てみるのもいいですね。

出典:seesaa.net

カリモクがあるだけで、ゆったりとした時間が流れるモダンな雰囲気のカフェに変身してしまうから不思議です。自宅のインテリアのお手本になります。

出典:nifty.com

少しだけレトロっぽさを取り入れたい

昭和レトロのようなノスタルジック全開のインテリアには抵抗があるけれど、ほんの少しのレトロを取り入れたいと思っていらっしゃる方なら、今のお部屋にカリモクKチェアを取り入れるだけで、グッと雰囲気が変わりますよ。

リビング1
リビング2
キッチン
リビングダイニング
廊下

戸建リノベーション・リフォーム事例

No.38 30代/3人暮らし

1019万円、103㎡

丸みがある創作家具で、ミッドセンチュリーのようなインテリアスタイルにもぴったり合います。

外観
外観2
玄関
玄関2
ダイニング2

この記事を書いた人

ごはんさん

築20年の3LDKの中古マンションに住んでいます。将来的にリフォームすることを計画しており、現在情報収集中です。おしゃれでシンプルなインテリアを目指しています。

最近お気に入りされた写真

  • ダイニング
  • LDK
  • テラス1
  • リビング・ダイニング・キッチン
  • 中庭を囲んでいる住まい

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?