2015年12月08日更新

インテリア(雑貨)

クリスマスのデコレーションにアドベントカレンダーを取り入れてみませんか?

クリスマスのデコレーション進んでますか? 今年はデコレーションの一つにアドベントカレンダーを取り入れるのはどうでしょう?
アドベントカレンダーとは1800年初めにドイツから始まった物で、キリストの降誕を待ち望む期間であるアドベントに窓を毎日ひとつずつ開けていくカレンダーです。すべての窓を開け終わるとクリスマス当日ということになるのですが、窓を開くとチョコレートなどのお菓子や小さなプレゼント等が入っているものが多く、子供たちの毎朝の楽しみとなっています。日本でも中にチョコレートが入っているモノ等、輸入雑貨店で見かけますよね。これ、手作りしても楽しいんです。スウェーデンのアドベントカレンダーの例を色々と見ていきましょう。


伝統的なスタイルは刺繍のタペストリーです

スウェーデンの伝統的なアドベントカレンダー。クリスマスの柄と日付が刺繍され、日付の下に輪っかが付いたタペストリーです。この輪っかに毎日のプレゼントをくくりつけていくのです。
最初に作るのはちょっと大変ですが、一度作るとずっと使えるので刺繍が好きな方は作ってみてはいかがですか?

styleroom.se

出典:styleroom.se

ビール瓶をリメイクしたらこんなにクリスマスっぽい物が!

ビールが大好きなお父さんのいるご家庭向け。ビール瓶をよく洗ってアルミホイルを巻き、目鼻と角を付けたらトナカイの完成!瓶の中にちっちゃいプレゼントを入れましょう。例えばビーズのパーツを入れていったりするのもいいですね。

styleroom.se

出典:styleroom.se

大人っぽく、シックなアドベントカレンダー

うちはモノトーンのインテリアだし、子供っぽいのはちょっと・・と思われる方。このようなシンプルでモノトーンのアドベントカレンダーはいかがですか?封筒に1-24を書いただけの物ですが、部屋の雰囲気にぴったりですね。

styleroom.se

出典:styleroom.se

古い窓枠を使ってカントリー風のアドベントカレンダーを

古い窓枠にペンキを塗り、紐を渡してプレゼントを括り付けていきます。毎日プレゼントが開けられていって、その分空いたスペースには届いたクリスマスカードをディスプレイしてもいいですね。

styleroom.se

出典:styleroom.se

ビール瓶をリメイクしたアドベントカレンダー、第二段

先程はトナカイでしたが、今度は雪だるま。両方をミックスさせて作るのもかわいいですよね。

styleroom.se

出典:styleroom.se

クリスマス柄のラッピングペーパーを持っているなら、こんなアドベントカレンダーは?

クリスマス柄のラッピングペーパーを使って作った袋が整然と並んでいます。これだと大き目のプレゼントを入れることも出来ますね。

styleroom.se

出典:styleroom.se

ワクワクしながら眠りにつけそうなアドベントカレンダー

古い楽譜をラッピングペーパーにして、ベッドの上の紐に洗濯バサミで留めているアドベントカレンダー。簡単な作りですが、ベッドの上というのがポイント。ワクワクしながら眠ることが出来そうです。

styleroom.se

出典:styleroom.se


この記事を書いた人

villekullaさん

関西在住。北欧、特にスウェーデンが大好きで我が家はスウェーデンインテリアを取り入れまくっています。手作りの物で家をディスプレイしたくて北欧の手工芸を色々と習っています。雑貨探しに街に出ることも大好き!梅田や神戸をよくうろついています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観-夜間2
  • リビングダイニング6
  • ぬくもりのある畳リビング
  • パウダールーム
  • LDK

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問