2016年04月20日更新

インテリア(その他)

和風を取り入れたオシャレな住まい方のススメ

洋風建築が増えた今だからこそ、むしろ和風建築が人気です。アンティークの和箪笥を取り入れた和風テイストのインテリアを楽しんだり、古民家をリノベーションして住んだりと楽しみ方はさまざま。あえて古いものを使用しながら、おしゃれでイマドキなお部屋をご紹介します。


古材を使用する

築150年の古民家の梁をリノベーションで露出させた事例です。
しっかりとした梁の重厚感と年月を経た落ち着きのある木の色が空間を演出しています。
真っ白な壁と天窓との相性も良く、新旧の素材を使っているので歴史の重みを感じます。

リビング
建物外観
玄関

昔ながらの建具の魅力

和風建築の特徴として、昔から使われている"建具"があります。
日本の風土に合った建具は機能的なだけではなく、和モダン演出の代表選手です。
調光や湿度の調整に優れた障子は昔ながらのものですが、手入れしやすく改良した便利なものもありますので上手に取り入れたいアイテムです。

いいとこどりの障子とプリーツスクリーンの合わせ技で、和紙のあたたかさに包まれる素敵なお部屋です。

道路から見た外観
庭とつながるリビング・ダイニング
リビング吹抜の空中廊下1
庭に面したウッドデッキとフラットに繋がるリビング、ダイニング、キッチンの風景
リビング吹抜の空中廊下2

和風スタイルを演出できる建具としては"襖"も忘れてはいけません。
襖絵をポップなものに変えてもいいですが、色で遊ぶのもイマドキの和です。
襖紙の素材や模様も様々なものがありますので、お部屋の雰囲気や壁や畳との調和を考えて楽しく選びましょう。

外観1(撮影:後藤健治)
外観2(撮影:後藤健治)
テラス(撮影:後藤健治)
テラス-夕景(撮影:後藤健治)
カラフルな襖の和室1(撮影:後藤健治)

出典:pinterest.com


この記事を書いた人

スミレ4539さん

実家は茅葺屋根の古民家です。
古い家から新しい家まで家のことは何でも興味があります。
実は廃墟・廃屋も大好きです・・・

最近お気に入りされた写真

  • リビング1
  • 書斎
  • kitchen
  • 和コーナー
  • 格式ばらない和室

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?