2014年08月20日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

和と洋の自然な融合で趣のある家に

日本の伝統的な家屋に付き物の障子や畳。私たちの心を癒すと共に、静寂な落ち着いた家になります。
海外のモダンな建築や内装が増えた今日、私たちの心の拠り所である「和」を取り入れた内装が日本でも海外でも人気です。
シンプルなのに深みのある日本家屋。それを現代風に融合した内装はとても魅力的です。
日本、海外の和洋折衷のお部屋をご紹介します。


カーテンを設置せず、あえてふんわり光を取り入れられる障子に。
和紙を利用した障子は、室内の雰囲気をグっといいものへと変えてくれます。フローリングなど西洋的建築が増えてきている中で、日本人の感性をより出してくれる障子が1か所でもあると、室内の雰囲気が和むのではないでしょうか。柔らかい光は癒しの空間ですね。

上町 和洋折衷 レトロなお部屋

日本の独特な伝統的な落ち着いた雰囲気が「洋」のリビングルームに融合されています。
とてもモダンな印象となります。黒めの木を使用する事により、一段と大人でシックな雰囲気を醸し出します。座卓式テーブルにソファという組み合わせも日本を思い起こさせます。
すっきり感がとても合うリビングルームです。

jcress.com

出典:jcress.com

一面ガラス張りにして天井からも横からも自然光が入る家。
落ち着いた日本庭園を眺めることができます。清潔感と広ささえあれば、モノはあまり必要ない。モノがないと殺風景に見えがちですが、こちらは室内と屋外の一体感があるので、大きなインテリアなどいらないリビングです。
木でできたフローリング、そして大きな窓で自然な風が常に入ってきます。
モダンで斬新な家屋ですが、自然が心に安らぎを与えてくれます。

housedesignblog.net

出典:housedesignblog.net

古風な日本伝統の家屋ではないですが、使用しているインテリアはまさに「日本」。
現代的に建築し、使用するものを「和」にすることで落ち着きと癒しが一気に増します。
壁の一部に竹、そして障子風のウォールを入れてちょっと西洋風にアレンジした日本です。
素敵な「和」と「洋」の折衷です。

homedoo.com

出典:homedoo.com

一瞬「和」はどこに?と思ってしまいますが、よく見るとソファとテーブルが畳です。
’いぐさ’のほんわかな香りが「洋」のリビングに漂います。
低い高さのソファがなんとも日本的ですよね。本物の’いぐさ’は室内の湿度調整もしてくれるので、エコな部分も取り入れています。シンプルでナチュラルな日本家屋をうまく融合していて、お茶を飲みながら読書でもしたくなりますね。

contemporist.com

出典:contemporist.com

広い真っ白な壁のお部屋に、明るい自然光が入る様工夫された窓。フローリングと窓枠などの木が温かさを添えています。どことなく日本の障子を思わせる窓。天井から吊るされた「和」のライト。
ほんわかな明るさを与えてくれます。全体的には「洋」が大きく出ていますが、ゆっくりと安らぎたくなるのは所々に使われている「日本」があるからです。

viahouse.com

出典:viahouse.com

丸くくり抜いた風通しの良い壁を障子の様なデザインに。
圧迫感がない広い印象が増します。インテリアはあえて「洋」で揃えて「和」が全てを落ち着かせています。丸い縁と木の色が、優しさと安らぎを与えてくれます。

resourcedir.directory

出典:resourcedir.directory


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • リビングダイニング4
  • 東西に長い平屋建ての外観
  • くの字型の外観
  • 外観

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問